低気圧が来ると頭痛になったり、吐き気を催したりすることはありませんか?

ズキンズキンという波の立つような痛みや、吐き気や嘔吐の症状が出るのは低気圧という天候の変化が関係していることもあり、何かいい対処法はないかと悩まれている方も多いと思われます。

今日は低気圧が原因で起きる頭痛や吐き気に対する対処の仕方を検証していきます。

是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

低気圧で頭痛になることや吐き気を催すのは本当

天気が悪くなると頭痛が始まる、吐き気がする、体のどこかが痛いと感じた方はたくさんいらっしゃると思います。

天気痛というのは最近研究が進んでいる分野で、天気痛は頭痛の他にも、吐き気やめまい、体調不良などを引き起こすとされています。

低気圧が近づくにつれ体調が悪くなるのは気のせいではないようです。

私たちの体は交感神経と副交感神経からなる自律神経によってバランスをとっています。

人間の体はこの交感神経や副交感神経の働きによって一定の状態を保とうとしますが、低気圧の影響で一定の状態に保たれているバランスが崩れてしまい頭痛や吐き気などが起きてしまうのです。

また天気痛は片頭痛を引き起こしますが、影響を受けるのは男性よりも女性のほうが圧倒的に多いようです。

では何かいい対処方はないでしょうか。

【スポンサードリンク】

低気圧が来たらとる対処法

天気痛ですが、気圧が下がりきってしまうとこのような頭痛や吐き気は自然におさまるようです。

加えて一時的につらい天気痛ですが、それ自体で病気につながるということは考えられないようです。

気圧が下がりきるのを待つというのは一つの方法ですが、どうしてもそこまで待てないような痛みを伴う場合はほかの方法を使って乗り切るしかないようです。

天気痛の最大の難関は血流をいかに良くするかということのようです。

血行を良くすることでつらい頭痛や吐き気に対処できると言えます。

天気痛を改善するツボを押すというのが一つの対処法です。

人差し指と親指の交わる骨の部分にへこみの部分を押します。

この部分は合谷と呼ばれていますが、ほかにも内関と呼ばれる部分や、太衝と呼ばれる部分を押したり、耳の後ろを押したりすることで、血流を改善することができるので天気痛にはお薦めの対処法です。

また低気圧が近づいたらコーヒーを飲むのも一つの対処法です。

コーヒーに含まれるカフェインが血流を改善してくれます。

また漢方薬によって症状が改善されることもありますので、漢方薬を処方してもらうのも一つの対処法です。

あんまりひどい場合は鎮静剤などを使用して改善するという方法もありますが、低気圧が近づくたびに鎮静剤を使わなければならないのは体にはよくないことなので、医者に相談することも考慮のうちに入れます。

また天気痛によって倒れてしまうという方は早めに病院で検査してもらうことをお薦めします。

最後に

いかがでしたか。

いくつか天気痛を改善するための方法をご紹介しましたが、自分に合った対処法を見つけて是非実行してみてください。

【スポンサードリンク】