じゃがいもを切った後の保存方法とは?

皆さんは、じゃがいもを必要以上に多く切りすぎてしまったことはありませんか?

そうなると、余ってしまったじゃがいもを無理やり料理に足したり、急きょ別の料理にしてみたり…。

じゃがいもはすぐ変色してしまうので、何とか使い切ろうと頑張った経験はあると思います。

そんな“切ったじゃがいも”を変色せずに保存する方法をお教えします!

【スポンサードリンク】

切ったじゃがいもの保存方法は?なぜ変色?

じゃがいもを多く切った後は、みるみる変色して黒っぽくなっていきますよね。

そうなると見た目も悪くなって美味しくなさそう…。

実際に、味も落ちてしまうので、黒ずんだ部分をカットして使うという面倒な作業も増えてしまいます。

そのような“じゃがいもの変色”“酸化”が原因で起こります。

じゃがいもを切った後に空気にふれてしまうと、じゃがいものに含まれているデンプンポリフェノール色素が酸化してしまい、黒っぽく変色してしまうのです。

じゃがいもに含まれている「チロシン」というアミノ酸や「チロシナーゼ」という酵素は空気に触れると酸化する性質があり、そして、酸化すると「メラニン」という物質に変化します。

酸化すると、ピンクっぽい色からだんだんと茶色味がかり黒っぽくなっていくのです。

ただし、体に害がある訳ではなくそこまで神経質になることはありませんが、酸化するとやはり味は落ちてしまいますので、できるだけ“空気にふれさせないこと”がポイントになってきます。

【スポンサードリンク】

切ったじゃがいもの保存方法とは?

では、具体的にじゃがいもを切った後は、どのように保存したら良いのでしょうか?

①冷蔵庫で保存【その1】

生のじゃがいもを切った後すぐに、ボウルかタッパーなどに入れ、水に浸します。

空気に触れないようにたっぷりの水に浸した状態で、冷蔵庫で保存しましょう。

この方法では、1週間ほどもちますが、じゃがいもの栄養成分が水に溶けだしてしまいますので早めに使い切りましょう。

②冷蔵庫で保存【その2】

栄養面での影響を最小限に抑えるならば、一度ゆでたじゃがいもをタッパーなどの保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

この場合は、3~4日ほどもちますが、一度ゆでていることでどんどん味が落ちていきますので、こちらも早めに使いましょう。

③冷凍庫で保存

こちらは、じゃがいもを冷凍保存する方法です。

とはいえ、切ったじゃがいもを生のまま冷凍保存すると、解凍した後にボソボソとして全く美味しく味わうことができなくなるため、このままの状態では冷凍保存できません。

じゃがいもを冷凍保存する場合は、一度ゆでたものをつぶしてマッシュ状にしたものを冷凍保存しましょう。

こちらは、コロッケやポテトサラダなど、つぶして調理するものに使用することができますのでオススメです。

切ったじゃがいもを上手に保存して、じゃがいも料理を楽しみましょう!

このように、じゃがいもを切った後に余ってしまった場合は、冷蔵保存や冷凍保存を工夫して上手に保存しましょう。

うまく保存することで、黒っぽく変色する前にじゃがいもを有効利用することができます。

じゃがいもは和洋中いろいろな料理に使えますから、ぜひ切ったじゃがいもを捨ててしまうのではなく、いろんな料理に活用してくださいね!

【スポンサードリンク】