下っ腹が出てるのってちょっと気になりますよね。

下っ腹が出てるのはおなかにガスがたまっていたり、単なる肥満だったりすることが多いです。

たいていは市販の薬や運動で解消できますが…。

しかし、ぽっこり出てる下っ腹が病気のサインであることも。

それも怖い病気のサインだったりするのです。

今回は下っ腹がぽっこり出てる時に考えられる病気をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

下っ腹が出てる時に考えられる病気(内臓編)

下っ腹が出てる時に考えられる病気、内臓編です。

ちょっと怖い病気が多いので、気を付けてください。

①腸閉塞

関ジャニ∞の大倉忠義がかかったこともある病気です。

ワイドショーで名前を聴いたという人もいるのではないでしょうか。

腸閉塞は別名イレウスといい、腸内にガスがたまって便が出なくなった結果腸がねじれてしまうという病気です。

下っ腹が出てるのは腸内にたまったガスが原因。

腸閉塞は早めの治療が肝心です。

放置すると嘔吐などの症状が出てくる他、他の臓器に影響がおよびます。

最悪死亡するケースもある怖い病気です。

②胃下垂

やせ型なのに下腹が出てる人は胃下垂の可能性があります。

胃もたれ、胃痛などの症状が特徴です。

ストレスや暴飲暴食、運動不足が原因で発生します。

特別危険ではありませんが、胃の不調を引き起こすので注意しましょう。

③肝硬変

これは有名な病気ですね。

お酒飲みの人には怖い病気かと思います。

肝硬変は文字通り肝臓が硬くなり、肝機能が低下することで静脈瘤など様々な症状を引き起こします。

しかも一度なってしまうと肝臓が元通りにならないという怖い病気です。

一見下っ腹と関係なさそうですが、肝硬変になると腹水がたまるようになるので下っ腹がぽっこりと出るようになります。

横になった時にぽっこり出てる下っ腹が流れるように動いているのであれば肝硬変の可能性が高いです。

【スポンサードリンク】

下腹が出てる時に考えられる病気(女性編)

下腹が出てる女性は女生特有の病気になっている可能性があります。

こちらも注意しておきましょう。

①卵巣腫瘍

卵巣に腫瘍ができる病気です。

やっかいなのはいまだに腫瘍が発生する原因が不明なところ。

女性なら誰でも発症する可能性があります。

自覚症状がないので気づくことが遅れることが多いですが、腫瘍が大きくなると痛みや便秘などを発生させることがあります。

子宮がん検査などで発見されるケースが多いです。

②子宮筋腫

こちらは子宮に良性の腫瘍ができる病気です。

良性ではありますが、貧血やめまい、月経時の出血が増えるなど様々な症状を引き起こします。

下っ腹が出てる状態だと15㎝以上の大きさになっていると考えられます。

早く切除してもらった方がいいでしょう。

③卵巣がん

女性にとってとりわけ怖い病気の一つではないでしょうか。

卵巣に悪性の腫瘍ができるがんの一種です。

卵巣がんになると腹水がたまり、下っ腹が出てる状態になります。

ただし、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)という卵巣に水や脂肪がたまって腫瘍になる病気も同じような症状を引き起こすので、下っ腹が出てる=がんではありません。

確率としては卵巣嚢腫90%、卵巣がん10%という具合です。

腹水がたまると水っぽいおりものが出るなど、様々な症状が発生します。

症状を確認したらすぐ病院で診察を受けましょう。

最後に

もちろん下っ腹が出てる原因が全て病気というわけではありません。

怖い病気の前兆の場合は便秘や貧血など他の症状も発生していることが多いです。

下っ腹が出てる以外に体調不良を感じるようなら、病院ですぐに診察を受けることをお勧めします。

【スポンサードリンク】