1人で暮らしている人にとって避けては通れないのが暇な時間。

暇つぶしをしようとしても、1人だとどうすればいいかわからなかったりしますよね。

私も気持ちはわかります(笑)

とりわけ周りの人と予定が合わないと遊びたくても遊べない…。

ただ室内でボーッとしているのももったいないですよね。

今回は1人で、それも室内でできる暇つぶしの遊びをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

室内で、1人でできる暇つぶしの遊び~ただ遊ぶ編~

暇つぶしなので楽しく時間をつぶせる遊びでいいと言う人はちょっとぜいたくなことをしてみましょう。

おすすめなのがゲームやマンガ、本の大人買いです。

最近は中古でこれらを手に入れることが簡単ですし、格安で買うことができます。

わざわざ買うために外に出たくない、室内にいたいという人はネットで買うこともできますしね。

マンガや本はシリーズものならそれなりの量になりますし、好きなシリーズなら思う存分楽しめます。

マンガや本を読むことは1人でできることですし、室内でやれます。

また、遊びということでゲームもおすすめです。

RPGなどはクリアまでやるため、一定の時間を消費でき、暇つぶしにはもってこい。

近年のRPGはやり込み要素が多く、ボリュームが多いタイプが多いので、たっぷり楽しむことができます。

1人でやるなら、中古のゲームをたくさん買って片っ端からクリアするのもいいですね。

おまけに最近のゲームだと、オンラインで対戦できたり、協力プレイも楽しめます。

1人に寂しさを感じたら、そこで友達を作るのもいいかもしれません。

【スポンサードリンク】

室内で、1人でできる暇つぶしの遊び~ためになる遊び編~

どうせ室内で、1人で暇つぶしするなら、ためになる遊びがしたい。

そんな人に個人的におすすめしたいの「まとめ遊び」です。

これは私のオリジナルの遊びなんですが(笑)、やってみると結構楽しめます。

まとめ遊びとは映画や本、アニメを見て、その内容について自分なりに整理してまとめてみる遊びです。

俗に言う「考察」に近いものです。

作品は何でも構いませんが、ちょっと難しい作品がいいかもしれません。

何をまとめて、何を書くかは自由です。

伏線を追うのもよし、作中の用語の意味を調べるのものよし、見た物語のテーマを探ってみるのものよし。

注意点はただの感想にしないことです。

「面白かったー」「怖かったー」だとそれで終わっちゃいますからね。

これ、暇つぶしとはいえ実際にやってみると結構頭を使いますし、時間もかかります。

作品によっては1人でやっているうちに、あっという間に半日経っちゃうこともあります(笑)

私もたまにやると、全く室内からでなくなるので実家でやった時は両親に心配されました(笑)

このまとめ遊びはやればやるほど読解力が上がります。

先々難しい本や書類を読まなければならない時に役立ちますし、書き手のねらいを掴みやすくなります。

最初はレビューサイトなどで他の人が作品の何を見ているのかをチェックしてみてください。

ただ映画やアニメを見るより、ずっと楽しめるようになりますよ。

最後に

室内で、1人で何かするとなったらやることは限られているように思います。

しかし、最近は暇つぶしのための遊び道具が簡単に手に入ります。

それを使って室内でのんびり1人で楽しむのもよし、普段やらないことに挑戦してみるのものよし。

暇つぶしにせよ、遊びにせよ、ためになることはたくさんあります。

ぜひ実践してみてください!

【スポンサードリンク】