玄関に風水効果のある、日陰でも育つ観葉植物とは?

玄関に観葉植物があると、ぱっと明るくなってさわやかになりますよね。

とはいえ、玄関は日陰になってしまう場合が多く、植物を育てるには難しい場所でもあります。

でも、大丈夫!

日陰でも育つ観葉植物があるんです。

そこで今回は、玄関に最適な観葉植物をご紹介。

気になる風水効果もお教えします!

【スポンサードリンク】

玄関にオススメ!日陰でも育つ観葉植物とは?~気になる風水効果も

では、さっそく玄関にオススメの観葉植物をご紹介しましょう。

日差しのあまり入らない「日陰」でも比較的丈夫な観葉植物と、その風水効果も見ていきましょう。

①オーガニスタ

オーガニスタは、学名「ストレチア ニコライ」。

皇帝ニコライ一世から付けられた名前と言われ、別名「天国の白い鳥」。

バナナの葉に似ており、大きくスタイリッシュな葉が特徴で、南国の雰囲気を感じることができます。

アジアンテイストかつトロピカルな雰囲気をあわせもっています。

風水では、周りの人が支えてくれる「後援運」北西に飾る)や「子ども運」(西に飾る)がアップして、「厄除け」の効果もあります。

また、葉先が丸いため人間関係を円満にするとされています。

葉が大きいため、葉の水分が蒸発して加湿作用もあります。

②シュロチク

シュロチクは、寒さにも強く育てやすい観葉植物です。

ヤシ科のカンノンチク属ですが、古来から日本の園芸種として親しまれています。

スッとのびた細いヤシ科の幹と葉がアジアンテイストで、よく料亭などにも置かれていてさわやかで上品な雰囲気があります。

風水では、気の流れをスムーズにすると言われており、部屋の隅に置くと良いとされています。

南・東・南西・南東に飾ると良いでしょう。

③幸福の木

幸福の木はドラセナ類でもっともポピュラーな観葉植物で、よく贈り物にも選ばれています。

名前の由来は、ハワイで家の前に置くと良いことが起こると言い伝えられているためです。

幹は白っぽく、葉は幅のあるストライプが楽しめます。

冬場の寒さに気を付ければ、1年中楽しめます。

また、NASAの研究で空気を浄化する効果があると認められています。

風水では、縁起が良く開運・金運を招くとされ、部屋の気が溜まりやすい部屋の隅に置くと気の流れが良くなるとされています。

④パキラ

パキラは、幹が編み込まれていて、葉がイキイキとついています。

スタイリッシュでおしゃれなため、インテリアとしての存在感はピカイチです。

新芽もすぐ伸び、葉をカットして整えて楽しむこともできます。

風水では発財樹(Money Tree)」とも呼ばれ、商売繁盛に良いとされています。

⑤モンステラ

モンステラの葉は、大きく個性的でアジアンテイストな雰囲気を楽しめます。

葉が横に広がって伸びるので、広い玄関に置くと良いでしょう。

風水では、モンステラの大きい葉が「魔除け」効果があり、幸運を引き寄せるとも言われています。

人が集まる場所に置くと家庭運、南に飾ると金運、東・東南に飾ると恋愛運がアップします。

⑥ポトス

ポトスは、つる性の観葉植物で、長く伸ばして垂らしても良いし、短く鉢植えにしてもおしゃれに楽しむことができます。

また、水に挿すだけでも楽しめるので、場所を選ばずどこでも置くことができます。

風水では、自分の近くに飾ることでパワーと元気を与えてくれるほか、金運アップの効果もあります。

また、NASAの研究で、空気清浄効果があると認められています。

【スポンサードリンク】

風水にもオススメ。玄関には日陰でも育つ観葉植物を!

日陰になる玄関に観葉植物を置くと、ぱっと明るくなって風水的にも効果抜群です。

また日陰でも比較的強い観葉植物を置くことで、お手入れも楽に育てることができます。

皆さんも、玄関にさわやかな観葉植物を置いて楽しんでみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】