生理前はたたでさえストレスが溜まってしまっていつもより不快な気持ちになりがちです。

特に生理前に腹痛やガスがたまるというのは、女性なら多くの人が経験していることだと思います。

これは黄体ホルモンの影響で、食べ物のバランスが崩れて、腸内で悪玉菌が優勢になり、腹痛になったりガスがたまるという現象がおきます。

今回は女性ならではの悩みについて少し詳しく検証していきたいと思います。

是非参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

生理前の 腹痛やガスでの不快感は当たり前

生理前に腹痛になったり、ガスがたまりやすくなる感じがする経験はありませんか?

これは黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きで、食物を摂取する方法や量などのバランスが崩れて起きることだとされています。

言うまでもなく、生理前になると女性の体は出産のための準備をします。

排卵から生理前までの期間は黄体ホルモン(プロゲステロン)が優勢になって、血糖値が下がり、食欲旺盛になったり甘いものが食べたくなったりします。

このため普段はコントロールされている胃腸に負担がかかり、腹痛になったり、ガスがたまってしまうのです。

このような症状は月経前症候群(PMS)と呼ばれています。

ではどうしたら腹痛やガスによっての不快感を解消できるでしょうか?

普段からできることの一つに毎日トイレで20分は座ってみるということです。

普段から自分がどんな状態かを知っておくことは生理前の状態を確かめる最も有効な方法です。

また生理前は便秘になりがちですが、この時にガスを出すだけでもしておきましょう。

そして生理前でも運動をするということです。

生理前なので運動するのは躊躇されがちですが、痛くなる前に運動することをお薦めします。

ウォーキングや軽いジョギング、腹筋運動などを試してみてください。

ウォーキングをすることによって、腸内でぜんどう運動がおこり、体内にたまっているガスが出やすくなり、体内にたまった水分が出ていくのでほかの不快感も軽減することができます。

また普段から腹筋を鍛えることによって便秘や便秘からおこる腹痛を解消できることになります。

食べ物の摂取について注意すべきことは、冷たい飲み物やコーヒー、紅茶を控えるということです。

冷たい飲み物、コーヒー、紅茶は、生理前でバランスが崩れているおなかにはものすごく負担になり、腹痛が起こりやすくなります。

できりだけお茶などの温かいものをとるようにします。

またガスを出す方法で一番効くのは、マッサージです。

特に入浴中にマッサージをするとおなかがリラックスしてガスが出やすくなります。

おなかにまあるく円を描くようにしてマッサージしてあげましょう。

【スポンサードリンク】

最後に

いかがでしたか。

生理前の腹痛はできるだけガスをだすことが大切です。

もしどうしても気になるという方は消化器科で見てもらうことをお薦めしますが、月経前症候群(PMS)は病気ではないので、我慢できる程度ならばこのような工夫をするだけでも大丈夫です。

ぜひ試してみてください。

【スポンサードリンク】