正月といえばおせち料理。

日本の古くからの伝統ですが、おせち料理には様々な由来や、一つ一つの食材に込められた意味があります。

この由来や意味を知っているか知らないかでお正月のありがたみが変わってきますよ!

ということで、今回はお正月に食べるおせち料理の由来や意味について見ていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

正月におせち料理を食べる由来とは?

おせち料理は漢字で書くと「御節」となります。

勘の良い人は気付いたかもしれませんが、この御節はもともとお正月だけではなく、節句(節供)の時に食べられていた料理でした。

節供というのは、作物の収穫を神様に感謝するための行事です。

弥生時代の頃からすでにこの風習は日本にあり、おせち料理の原型のような料理も当時から食べられていたそうです。

ただ、この伝統的な行事を行っていたのは、天皇を中心とした貴族階級の方たち。

庶民にも広がっていったのは江戸時代に入ってからだそうで、この頃からおせちが節供の料理ではなく、特にお正月に食べる料理を指すものになっていったそうです。

これが正月におせち料理を食べるようになった由来です。

次から、おせち料理に込められた意味について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

おせち料理の食材に込められた意味

正月という一年の始まりに食べるおせち料理の食材には一つ一つに語呂合わせとも言えるような、一年の幸福を願う意味が込められています。

最も有名なのは「めで鯛」というやつでしょうか?

その他にもおせち料理には一つ一つの食材に何かしらの幸を願う意味がこもっていますので、ご紹介していきます。

・紅白かまぼこ

鮮やかな紅白のかまぼこは、まずそ形が「日の出」を意味しています。

そして紅はめでたさと慶び、白は神聖を意味します。

・伊達巻

オシャレでかっこいい様子を「伊達」などと呼びますが、その伊達です。

巻いた形は大事な文書を記した巻物を意味しています。

江戸時代に長崎から日本に渡来したカステラかまぼこを巻いたこの形が、伊達者たちの着ていた着物の模様によく似ていたことに由来してこの名になったそうです。

・栗きんとん

金銀財宝に見立てて、実り豊かな一年を願う意味がこもっています。

・黒豆

「マメに働ける」よう、健康な体であるようにとの願いです。

・昆布巻き

単純ですが、「喜ぶ」にかけて昆布が使われています。

・田作り

昔は小魚が田畑の肥料として用いられており、豊作を願ったものです。

・数の子

ニシンの卵である数の子は、二親(ニシン)から子供がたくさん生まれるということになぞらえておせち料理に用いられています。

・えび
えびもおせち料理に多く見られる食材ですが、長いヒゲやその腰が曲がった形からお年寄りの姿を写し、長寿の意味が込められています。

おせちは食材の他にも縁起担ぎが多い

おせち料理には食材の他、各段にも縁起担ぎのような意味がこもっています。

正式な話をすると、お正月食べるおせち料理は4段+1の形が伝統的なおせちに由来する形なのだそうで、それぞれの段に何を入れるかも実は決まっています。

一番上に来る一の重は「祝い肴」と呼ばれ、黒豆や数の子、ごまめ、田作りなどを入れます。

二の重は「口取り」と呼ばれ、栗きんとんやかまぼこなど、甘い味付けになっているものを入れます。

三の重は「焼き物」と呼ばれ、海の幸を入れます。

与の重は「煮物」と呼ばれ、山の幸を入れます。

ちなみに、「四」ではなく「与」となっている理由は、四は不吉な言葉を連想する忌み語であるため、正月にはふさわしくない言葉として代わりに「与」が使用されます。

最後に+1の五の重は、将来への発展や、幸福や富を迎える余裕を表す意味で控えの重として何も入れません。

こんなところにもおせち料理らしい願いや意味が込められているんですね。

最後に

お正月に当たり前のように食べているおせち料理にも、古くからの由来や込められた意味があります。

一つ一つを意識し、一年の計を心に描きながら食べればよりよい一年が迎えられるのではないでしょうか?

【スポンサードリンク】