ついついお酒をたくさん飲んでしまい、翌日に下痢や腹痛に見舞われてしまう方はいらっしゃいませんか?

普段一緒に飲む友人や上司がお酒に強い方だと、付き合った翌日は毎回原因不明の腹痛や下痢に見舞われている方もいるかもしれません。

そんな方は原因を解明して対策しておけば、お酒を飲んだ翌日にやってくる腹痛や下痢に悩まされることもなくなるはず。

お酒を飲む機会が増える年末にかけて、原因を知って対策をしておくことで翌日の腹痛や下痢を未然に防ぐことができます。

今回はそんな、お酒を飲んだ翌日に腹痛や下痢にみまわれてしまう方必見の、原因や対策をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

お酒をたくさん飲んだ翌日、腹痛や下痢になってしまう原因とは?

では、お酒を飲んだ翌日の腹痛や下痢の原因は一体なんなのでしょうか?

原因がわからなければ、対策をしようにも対策できません。

そう思っていらっしゃる方は、ついついお酒を飲みすぎてしまった時に腹痛や下痢にみまわれてはいませんか?

実は、大量にお酒(アルコール)を摂取して腹痛や下痢になってしまうのには、以下のような化学的な原因があるからなのです。

◎お酒(アルコール)によって腸管が刺激されて活発になる。

◎アルコールの大量摂取により腸管の水分吸収率が低下し、便が柔らかくなったり、下痢状になる。

◎冷たい飲み物は水分が体に吸収されにくい上に、お腹を冷やす。

◎大量にお酒を摂取する=短時間で大量の水分を摂取している。

つまり、お酒によって内臓が刺激を受けたことが原因で、内臓がいつもどおりに働きにくくなる。

そして、消化不良を起こしている上に水分を大量に飲みすぎていることで下痢や腹痛を引き起こしているようです。

そんなお酒を飲みすぎた翌日の下痢や腹痛の原因が分かったところで、2度と同じ過ちを繰り返さないためにできる対策とは、

一体どんな方法でしょうか?

【スポンサードリンク】

対策しましょう!お酒を飲んだ翌日に腹痛や下痢にみまわれない為に

原因が分かったところで、お酒を飲んだ翌日に腹痛や下痢にならない為の対策についてお話していきましょう。

対策1;お酒の量を多くしないで、美味しいお酒の時間を楽しもう!

→勢いなどで飲む量が増えてしまうビールは控える。

ゆっくり味って飲むことができる、焼酎、日本酒、ワインなどを飲む。

アルコール飲料が安い店や飲み放題がある店は避け、少し割高でも美味しいお酒を味わえる店を選ぶ。

対策2:対策水割り系のアルコールは避ける。

→焼酎はお湯割りや水割りにしたいところですが、水分摂取量がどうしても増えてしまいます。

もしも飲むのならばお湯割りに、香りを楽しみながらチビチビと飲んで何杯も飲まないようにしましょう。

口当たりと喉越しの良いサワー系も実は水分摂取量を増やしているので要注意です。

対策3;消化に良いおつまみを選ぶ。

→お酒と一緒に摂取する食べ物の選び方でも、飲んだ翌日の腹痛や下痢を招く原因となります。

なるべく油っぽいものは避け、温かくて消化しやすい食材を選びましょう。

最後に

楽しいお酒の席ではついつい飲みすぎてしまったことが原因で、翌日の腹痛や下痢に悩まされることも多いはずです。

しかし原因を知ることで対策が可能ですし、後はあなたの自分自身のコントロール次第。

今までの飲み方を急に変えることは難しいかもしれませんが、翌日の腹痛と下痢の苦労を思い出し、

少しずつでも良いから対策ができるようになると良いですね。

【スポンサードリンク】