切り方によって、玉ねぎを辛くない味にできるって知ってました?

火を通すことで甘みが強くなる玉ねぎですが、サラダなどで辛くない玉ねぎを使いたいこともありますよね。

そんな時に使える切り方をご紹介します!

【スポンサードリンク】

玉ねぎの辛さの原因

玉ねぎを生で食べたときに感じる臭みやのピリッとした辛みの原因になっているのは、硫化アリルという物質です。

揮発しやすく、水に溶けやすいという性質を持っており、玉ねぎを切った時に目がしみるのもこの硫化アリルが既発したものが目の粘膜を刺激するためです。

玉ねぎの他、ニンニクなどにも含まれています。

ただ、この辛みの原因になっている硫化アリルですが、食べて消化されることでアリシンという物質に変化し、細菌などの抗菌作用や疲労回復効果など、様々な良い効果をもたらしてくれる物質でもあるんです。

そんな玉ねぎの辛くない切り方を覚えて、サラダなどで余すところなくいただいてしまいましょう!

【スポンサードリンク】

辛くない玉ねぎの切り方は縦?横?

玉ねぎを辛くないようにする切り方のキーワードは、「空気に触れる面を増やす」ということです。

先ほども言ったとおり、硫化アリルは揮発性が高く、空気に触れることで揮発していきます。

そのため、玉ねぎの空気に触れる面を増やしてあげることで辛くない状態になるということです。

そのためには、上から下に縦に入っている玉ねぎの繊維に対して、横に切ってあげるのが有効な切り方です。

こうすることにより玉ねぎの断面が空気に触れ、辛みが抜けます。

そしてもう一つのコツは、なるべく薄くスライスすること。

薄くスライスすればするほど断面が増えていきますから、それだけ辛みも抜けやすくなります。

サラダで食べる場合には薄く切った方が食間も美味しいですし、一石二鳥ですね!

サラダに使う玉ねぎは切った後の処置が重要

上記の切り方で玉ねぎを切ったあとの処理についても覚えておきましょう。

サラダなどで生の玉ねぎを使う場合、水に晒しておく方が多いようですが、実はこれはやらないほうがいいんです。

先ほども言ったとおり、硫化アリルは水に非常に溶けやすいため、水に晒してしまうとせっかくの栄養素も一緒に水に溶けていってしまいます。

しかも辛みは思ったより取れないようですから、百害あって一利なしというわけです。

では辛くない生たまねぎを食べるにはどうすればよいのかというと、広げて置いておくというのが正解です。

スライスした玉ねぎをなるべく重ならないようにバラバラに広げて空気に触れやすくしてあげ、15分以上常温で放置しておくと辛み成分が揮発してだいぶ辛くない玉ねぎになるようですよ。

また、玉ねぎの辛みが苦手だという人は、その後にレンジで1分ほど熱を加えてあげるとさらに辛みが抜けます。

(そこまでいくともはや生玉ねぎとは呼べない気もしますが…笑)

最後に

玉ねぎを生で食べても辛くないようにする切り方についてご紹介してきました。

この切り方と後処理をちゃんと行えば、サラダなどにしても美味しく食べやすい玉ねぎが楽しめるはずですので、ぜひ試して見て下さいね!

【スポンサードリンク】