あなたのお家のお風呂場、カビが繁殖していませんか?

湿度の高いお風呂場は、家の中でもかなりカビが繁殖しやすい場所です。

カビは、放っておくとどんどん広がっていき、撃退するのも大変。

特に天井にカビが繁殖してしまうと掃除は大変になりますので、何とかカビが繁殖する前に防止したいところです。

そのカビを防止するのに、アルコールが効果的であるって知ってましたか?

なかなか手が届かない天井でも、アルコールを使えばカビが繁殖する前に防止することができます。

それでは、綺麗で気持ち良いお風呂に入るために!

お風呂場のカビの繁殖をアルコールで防止する方法と、天井に繁殖し始めてしまったカビを取る方法について見ていきましょう!

最後まで読んでいただけると嬉しいです!

【スポンサードリンク】

お風呂のカビはなぜ繁殖するのか?

なぜカビは、お風呂場でよく繁殖するのでしょうか?

お風呂場にあるカビの栄養分は、人のアカ・石鹸のカス・髪の毛などです。

これにくっついて、カビは繁殖します。

ただ、カビは栄養があるだけでは繁殖しません。

他に、水と温度と湿度がある一定の条件で揃ってしまうと繁殖するのです。

お風呂場は水の宝庫ですし、カビがたくさん繁殖しやすい25〜30℃にもなりやすいです。

そして、カビが大好きな湿度80%以上に間違いなくなる場所です。

カビにとって、お風呂場はとても住み心地の良い場所なのです。

【スポンサードリンク】

天井のカビはどうやって取るのがベスト?

お風呂場のカビ、天井で繁殖してしまうと厄介ですよね。

通常、カビは塩素系の洗剤を吹きかけて取りますから、それを天井にかけようとすればポタポタ落ちてきて目に入ったり体についたりして危険です。

天井にカビが繁殖した時は、水洗いでもカビが落ちるケースがありますのでまずは水洗いをしてみましょう。

それでも取れない時は、塩素系洗剤を使うしかありません。

この時、安全に使う方法について知っておいたほうが良いです。

手順は4つです。

・お風呂場を喚起して、乾燥させる
・長い棒がついたモップのようなものに洗剤を染み込ませて天井を拭く
・ゴシゴシこすらず、約20分置く
・水で流す

体に触れたり、特に目に入るなどしたらとても危険です。

塩素系洗剤は注意して扱いましょう!

カビをアルコールで防止する!

お風呂場のカビは、「エタノール」というアルコールを定期的に吹きかけることで予防することができます。

アルコールを使うときのコツは、やはりまずはお風呂場を乾燥させることです。

お風呂から上がったばかりの水分が多い状態では、アルコールを吹きかけても薄まってしまいます。

カビの予防をするために毎日定期的にアルコールを吹きかけることがオススメです。

換気を十分にし、乾燥させた状態か、もしくは水分をある程度拭き取ってからアルコールをお風呂場全体に吹きかけましょう。

カビはアルコールを嫌うので予防の効果があります!

まとめ

お風呂場の天井に繁殖したカビの退治方法と、カビをアルコールで予防する方法について見てきました。

お風呂場はカビが繁殖しやすい条件が揃っています。

天井に繁殖したカビは、まずは水洗いをしてみましょう。

それでも取れない場合は、塩素系の洗剤を使用してみてください。

塩素系の洗剤を使うときは、目に入ったり、体に触れないように配慮することがとても重要です。

カビを予防する方法ですが、お風呂場全体にアルコールを吹きかけると効果があります。

それには、お風呂場を乾燥させ、水分を無くすことが必要。

アルコールが薄まったり、流れたりして十分な予防効果を発揮しない場合があります。

毎日気持ちの良いお風呂を楽しんでください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】