ゆっくりと風呂に浸かってリラックスしていてついウトウトとすることってありますよね。

入浴中に寝てしまうことは気絶や失神をしている可能性が大いにあるそうです!

今回はお風呂で寝てしまうことのメカニズムや入浴中の危険や気絶や失神を防ぐ為に気をつけることなどについて調べてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

お風呂で寝るというメカニズム

誰でもお風呂でゆっくりとリラックスをすると気持ちよくてウトウトしてしまいますよね。

でもこのウトウトが危険だそうです。

ゆっくり入浴をするということは、お湯が暖かいので、体温を平熱にキープするため熱を逃がそうと血管が拡がります。

血管が拡張することよって血圧が低下し、脳に十分な酸素を運搬するための血液の量が足りなってしまうんです。

脳が酸欠状態だとウトウトするそうで、失神や気絶状態で浴槽内に沈む恐れも大だとか!

これは気をつけないといけませんね!

【スポンサードリンク】

お風呂で寝ることは危険な行為

先ほどお風呂で寝ると気絶や失神を起こしている可能性があると説明しましたね。

これは浴槽内で溺死してしまう恐れもあるのでとても危険なんです。

ウトウトと気持ちよくなり、普通はここで顔が浴槽内に沈むと「危ない!!」と思って姿勢を起こします。

しかし、極端に睡眠不足だったり、お酒を飲んだ後に入浴すると、お風呂の水を吸い込んで睡魔と失神の方が起きようとする力を上回って、浴槽内で溺死、ということになりかねません。

お風呂で寝ない為に気をつけること

お風呂で寝ると気絶や失神の危険があるので、極端に睡眠不足の時や飲酒後は入浴ではなく、シャワーにすることをお勧めします。

また、食後は眠気がでます。

消化などで胃に血液が集中していますし、精神状態もリラックスモードに入りますので、夕食直後の入浴は避けましょう。

安全な入浴方法はお風呂の温度はぬるめの40度以下、入浴時間は15分以内が目安とのことです。

ゆっくりと浸かりたい時はタイマーをかけるようにしましょう。

また熱い42度以上のお湯は長く入っていられないこともあり、短時間で体を温めるのに有効です。

ですが、血圧が高い方、寒い冬に急に熱いお湯に入るなどは心臓に負担がかかるので注意して下さい。

また目が覚めて脳が活性化してしまうので、寝る前にはあまりオススメ出来ません。

どちらかというとリラックスより、集中力を高めたり、覚醒させたい時に良い入浴法です。

受験勉強の合間などには良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゆっくりとお風呂に浸かってリラックスをすることはストレスも発散になりますし、オススメの入浴法です。

ですが、お風呂の中で寝てしまうほどですと、気絶や失神の恐れもあるので、睡眠不足の時や、飲酒後などは危険ですので注意して下さいね。

私もたまにですが、お風呂でウトウトしてしまうことがあるのでタイマーをかけたりして注意しようと思います。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

あなたのお役に立てたら嬉しいです。

【スポンサードリンク】