おでこにできたブツブツがかゆくて全然よくならない。

おでこのブツブツは特にオイリー肌の人に多くできるとされていますね。

また思春期にだけできるわけではなくて大人になってからもできやすいようです。

今日はおでこのかゆいブツブツの原因と治し方について調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

おでこのかゆいブツブツの原因

おでこにできるブツブツというのは、マラセチア菌が繁殖して炎症することによって生じるニキビの一種だそうです。

「マラセチア菌」はカビの一種で誰の肌にも存在する「常在菌」です。

カビと聞くと治し方はあるのか不安になってしまいますね。

マラセチア菌によるブツブツは「マラセチア毛包炎」と呼ばれており、普段は悪さをしません。これはある原因によってニキビのようなブツブツができてしまうのです。

それは不衛生にしておくことです。

皮脂や汗をそのままにしておいたり衛生的に保つことが困難になるとマラセチア菌は繁殖します。

とくにおでこや背中などは皮脂や汗の分泌が多い為、ブツブツができやすい場所です。

ブツブツはかゆみを伴うものもあります。

夏場などは注意しましょうね。

【スポンサードリンク】

おでこのブツブツとにきびの違い

おでこのブツブツがマラセチア菌によるものか、そうでないかは個人の判断では難しいかもしれません。

皮膚科を受診するのも良いと思います。

おでこのぷくっと大きな赤ニキビの原因はマラセチア菌でなく、アクネ菌によるものとされます。

市販のニキビ薬ではマラセチア菌によるブツブツは効きませんし、悪化してかゆみを併発し、掻きむしってしまい、さらに治らないという最悪のスパイラルに陥ることのないように、使用する薬は間違えないようにしましょう。

次に治し方について説明します。

おでこのブツブツの治し方

おでこにできたかゆいブツブツの原因はカビの一種なので、それに効果のある薬を使います。

ブツブツの元であるマラセチア菌を殺菌する効果のある薬を塗ることで、完治させる可能性が非常に高いです。

特に病院で処方される薬としてはニゾラール軟膏とヒルドイド軟膏が多いです。

ご自分で病院に行かずに治そうとしている方は、市販の軟膏でも効くものがあります。

それがドルマイシン軟膏です。

大体2週間ほどで効果が現れますが治りが悪いようでしたら皮膚科を受診しましょう。

もちろん肌を清潔に保つことも忘れずに!治し方の前に菌が繁殖しない環境を作りましょう。

洗顔がおろそかになってしまったり、髪の毛がおでこにかかっているときはあげてしまいましょう。

メイクをする方は、ブラシやパフも清潔なものを使いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

おでこのブツブツはかゆみがあったり、見た目も良くありませんし、早く原因を知って治療を行いたいですね。

今日は原因の他に治し方や予防法もご紹介しましたので、おでこのブツブツが気になる方はぜひやってみてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

あなたのお役に立てたのならうれしいです。

【スポンサードリンク】