頭に“おでき”ができる原因と治療法とは…?

皆さんは頭におできができた経験はありますか?

痛みや痒みが伴うと気になってついつい触ってしまい、症状を悪化させてしまうことも少なくありません。

そんな悩ましいおできですが、どのような原因があるのでしょうか?

そして治療法とは?

今回は、頭にできるおできの原因と治療法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

頭におできが…!原因と治療法【おできとは?】

では、頭におできができる原因と治療法を探るうえで、そもそも頭にできる“おでき”とはどういったものなのでしょうか?

おできとは、地肌にできる湿疹のようなものですが、小さい「毛包炎」というものから、一般的な大きさの「せつ」、複数のおできがつながって大きくなったものを「よう」と呼びます。

症状としては、痒みや痛みのほか、赤みや腫れ、水ぶくれのような症状を伴う場合もあります。

また進行すると、おできそのものだけでなく、おできの周りの皮膚も痛みを伴うようになりますので、早めに皮膚科を受診して治療する必要があります。

おできは、「黄色ブドウ球菌」という菌が傷口や湿った皮膚の毛穴に増殖して、皮膚に炎症を起こします。

この菌は人や動物などの皮膚や腸内に常在している菌で「食中毒」の原因となる菌ですので、誰でも起こる可能性があります。

ニキビとは似ているようですが、全く別物ですので単なるニキビとせず、皮膚科受診することをおすすめします。

また、痛みや痒みをともなわないおできのようなものは脂肪が固まる「脂肪腫」や、「粉瘤(アテローム)」といった皮脂や角質の塊でできる腫瘍もありますので、自己判断しないことが大切です。

【スポンサードリンク】

頭におできが…!原因と治療法【脂漏性皮膚炎】

頭にできるおできの症状の一つとして、「脂漏性皮膚炎」というものがあります。

これは「マラセチア菌」という常在しているカビが皮脂を餌に異常に増殖してしまうことが原因で皮膚に炎症を起こしておできができてしまうものです。

頭皮は皮脂の分泌が多いので脂漏性皮膚炎になりやすく、湿疹のほかにも、かさぶたのようなものがたくさん出来てフケのようにポロポロと落ちてしまいます

この治療法としては、まず皮膚科を受診することが一番ですが、日々の生活習慣を改善するだけでも悪化を防ぐことはできます。

まずは、過剰な皮脂分泌をしないような生活習慣を心がけることです。

具体的には、ストレスを溜めないこと、脂っこいものを多くとるなどの偏った食事を改善すること、睡眠をしっかりとることなどがあげられます。

また、しっかりシャンプーをして地肌や髪をきれいに保つことや、原因であるマラセチア菌を抑えるための抗真菌剤入りシャンプーを使用することでも治療に効果があります。

また皮膚の正常化に効くビタミンB群のサプリをとるなど、体の中からもケアしていくことも大切です。

頭におできができる原因を知って皮膚科で治療を受けましょう。

頭におできができる原因と治療法についてお分かりいただけましたか?

頭にできるおできといっても、似たような“吹き出物”がたくさんありますので、自己判断して間違ったケアをしないように一度皮膚科を受診し、適切な治療をすることが大切です。

また、日々の生活習慣が原因という場合もあるので、規則正しい生活やバランスのよい食事を心がけることも大切です。

また、脂漏性皮膚炎の場合はシャンプーやサプリなど意識して取り組めば改善される場合があります。

少しずつできることから、セルフケアを行っていきましょう。

【スポンサードリンク】