入浴する時に湯船に浸からないでシャワーだけで済ませてしまった場合、カロリー消費量が低くなってしまうことはご存知ですか?

特に暑い季節になると湯船に入るのが面倒でついついシャワーだけでいいかとなりがち。

でもカロリー消費量が大きく違うならダイエットのために頑張って入浴しようという方もいるはずです。

そこで、今回は「入浴のカロリー消費量とは?シャワーだけではダイエット効果ない!」についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

入浴のカロリー消費量は?シャワーより高い?

半身浴をしてみるなど、入浴にダイエット効果を期待している方もいると思います。

では、お風呂に入ることで私たちはどのくらいカロリーを消費しているのでしょうか?

年齢や体重によっても変わりますが、お風呂が40度の場合、ざっくり1分間で消費できるのは約4kcalです。

ですので、10分間で40kcal。

がんばって30分浸かったら120kcalです。

これは、お茶碗にご飯小盛一杯分と同じくらいのカロリー消費量です。

【スポンサードリンク】

入浴しないでシャワーだけの場合のカロリー消費量は?

では、お風呂に浸からないでシャワーだけにした場合は、どのくらいカロリーを消費しているのでしょうか?

こちらも年齢、体重によっても変わりますが、1分間シャワーを浴びて消費できるのは約1kcalです。

お風呂に浸かった場合の4分の1のカロリー消費になります。

シャワーを10分間浴びたとしても消費カロリーは10kcalと少なく、10分間笑うのと変わらないカロリー消費量です。

ですので、ダイエット効果を期待するのなら、入浴することをおすすめします。

入浴してカロリー消費量とダイエット効果を高める方法

では、どのように入浴したらカロリー消費量を増やすことができるのでしょう。

毎日のことですから、どうせなら効果的に入浴したいものですよね。

まず、お風呂の温度設定を見直してみましょう。

お風呂の温度が高いほうが、カロリーはたくさん消費できますが、長く入ることができません。

なので、長湯できるようにお風呂の温度を40℃よりも低く設定して、ゆっくり体の芯まで温まりましょう。

汗が出る作用のあるバスソルトなどを使うのもおすすめです。

また、ゆっくりお風呂に入っている時間を利用して、他のことをしてカロリーを消費してみたらどうでしょう?

脳を使うだけでもカロリー消費できますので、読書をしながらの入浴もおススメです。

読書は20分間すると、19kcal消費できますよ。

入浴でもシャワーでもダイエット効果を高める方法

いかがでしたか?

入浴のカロリー消費量はシャワーだけの場合に比べてダイエット効果が高いことが分かりましたね。

最後に、入浴した場合もシャワーだけの場合も、カロリー消費量を高めることができる方法をお教えしましょう。

それは、浴室を使い終わった後などにお風呂を磨くことです。

お風呂掃除は、真剣に取り組めば、21分でなんと100kcalも消費するんです。

入浴もしくはシャワーと、一生懸命に取り組むお風呂掃除を毎日セットで行うことで、ダイエット効果を高められますよ。

カロリー消費量を意識して充実したバスタイムを過ごせるといいですね。

【スポンサードリンク】