寒い冬になると、原因不明の頭痛や吐き気に悩まされることありませんか。

寒い屋外から暖房のきいた室内に入ると、急にズキンズキンと頭痛や、吐き気に襲われてしまったという経験がある人、多いのではないでしょうか。

秋から冬にかけて寒い季節になると、頭痛や吐き気が続いて頭痛薬が手放せない!

そんなつらい状況は、もしかすると冬の寒い気温が引き起こす「片頭痛」や「緊張型頭痛」が原因かも。

「いつもの頭痛だから」と薬を飲んだり、あきらめて我慢する前に、自分でできる対策があるはずだ!と調べてみましたよ。

寒い冬も快適に過ごす方法で、つらい頭痛や吐き気を乗り切りましょう。

【スポンサードリンク】

冬の寒い日に起こる頭痛や吐き気のも原因はズバリこれ

冬の寒い日に発生する頭痛や吐き気のもっとも多いタイプが、温度の変化による「片頭痛」。

冬の室内は暖房が効いているため、寒い外との気温の差がどうしても大きくなります。

そんな寒い場所から温かい室内に入ると、急な温度の変化で血管が急激な拡張し神経を刺激することで起こるのが、この片頭痛です。

一般的にはこめかみや、目の奥が「ズキンズキン」と脈が波打つように痛み、ひどくなると吐き気が伴うのが特徴。

ひどい場合には吐き気が悪化して実際に嘔吐してしまったり、下痢の症状が出てしまうこともあります。

いったん痛み出すと半日から数日に渡って続くこともあり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

【スポンサードリンク】

吐き気はないけれど締め付けるような頭痛は肩こりが原因かも

頭の周りをギューっと締め付けられるような鈍い痛みが伴うなら、それは肩こりが原因かも。

首や肩の筋肉が凝り固まることで神経を刺激して引き起こされる頭痛で、吐き気などの症状は伴いません。

帽子やヘルメットで締め付けられるような痛みが特徴的です。

寒い冬は血行が悪くなり筋肉が堅くなりがちのため、この緊張型頭痛が起こりやすいといわれ、特に長時間のデスクワークや、車を運転する人、運動不足の人、猫背の人は注意が必要です。

突然の頭痛や吐き気はこう乗り越える

片頭痛の場合は血管の急激な拡張が原因なので、「冷やす」ことが効果的な対処法の1つです。

ただし氷などで急激に冷やすと逆効果なので要注意。

冷たいタオルを、おでこやからこめかみ、または目の上に当てて、血管の拡張が収まるのを静かに待ちましょう。

スーッと神経の刺激も和らいで、吐き気も次第に楽になるはずです。

頭痛がつらいと、ついつい「グリグリ」とマッサージしてしまいがちですが、血管の拡張が原因の片頭痛には逆効果。

また、冬には寒い場所から室内へ入る場合やお風呂なども温度差が刺激になるので気をつけましょう。

反対に、緊張型頭痛では、凝り固まってしまった筋肉をほぐしてあげることで対処できます。

簡単なストレッチや、暖めたタオルを首や肩に当ててほぐしてあげると効果的。

普段から、定期的にストレッチを取り入れたり、姿勢を正して、筋肉が硬直しないように注意すると良いでしょう。

頭痛や吐き気が起きる前に、予防対策をしっかりと

片頭痛も緊張型頭痛も、片頭痛や吐き気の引き金になるのは日常生活で重なるストレスや過労が大きな原因だとか。

寝不足や疲れや運動不足はもちろん、寝過ぎや食べ過ぎ運動不足などの生活習慣の見直しも大切です。

普段からの心がけで、つらい頭痛や吐き気を軽減できるはず。

ぜひ、小さな心がけ取り入れていきましょう!

→風邪?頭痛や吐き気!でも熱なし!関連記事はこちら

【スポンサードリンク】