鼻の形が気に入らない…という人は多いと思います。

でも整形して鼻の形を変えるなんてちょっと気が引けますよね。

お金がかかるし、何より整形はあまりいい目で見られません。

そんな人に朗報です。

なんと鼻の形を自力で変える方法があるのです。

それも手軽にできるので誰でもやることができます。

今回は自力で鼻の形を変える方法をお伝えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

どうして自力で鼻の形を変えられるの?

鼻は軟骨というやわらかい骨でできています。

骨などと違って形が変わりやすく、適度な圧力を加えてクセをつけてやれば形を変えることができます。

そのため、やり方さえキチンとしていれば自力で変えることが可能です。

最初は痛みなどが残るかもしれませんが、色んな方法を地道に長くやっていけば鼻の形を変えることができます。

とりわけお風呂上りは軟骨がやわらかくなっているのでより効果的です。

もちろん、自力でやる以上、メスや器具を使って鼻の形を変える美容整形手術のように劇的に変わるわけではありません。

しかし顔のパーツはほんの少しでも大きさや角度を変えるだけで、顔の印象が大分変わります。

今までの悩みも解決できるかもしれませんよ。

【スポンサードリンク】

鼻の形を自力で変える方法

鼻の形を自力で変える方法はいくつかあります。

それぞれ詳しくお伝えしますね。

①鼻を高くする方法

低い鼻で悩んでいる人におすすめの方法です。

鼻を中指と人差し指でつまみ、温かくなるまでマッサージした後、プレスします。

その後は親指と人差し指で鼻を強くつまめばOKです。

②だんご鼻を治す方法

やっかいなだんご鼻も自力で変えることができます。

まず人差し指を軽く曲げ、第二関節のあたりで鼻の横を叩きます。

両手の人差し指と中指を揃えて小鼻の横に当て、強くはさんだあと、指をそろえたまま少し上に移動して同じことをします。

そして人差し指と中指で鼻先をはさみ、回すようにマッサージしましょう。

③鼻筋をよくする方法

スッキリした鼻筋はあこがれですよね。

これも自力で作ることができます。

やり方は簡単です。

指を曲げ、間接の所で目と目の間、一番低くなっている部分を500回叩きます。

加えて硬骨のちょっと下の少し盛り上がった部分を500回叩きます。

④道具を使う方法。

自力でやるには限界がある…と感じた人は市販の道具を使ってみるのもいいでしょう。

最近は鼻の形を変えるためのノーズクリップや、ローラーも発売されています。

それを使えばより効果が期待できるでしょう。

また、バネの弱い洗濯バサミで代用するのもいいでしょう。

最後に

鼻の形を自力で変える方法は意外と簡単ものばかりですよね。

ただ自力でやる以上、大事なのは根気です。

2、3回やっただけでは効果はないので、毎日地道に続けていくようにしましょう。

効果を実感するころには鼻の形があなたの理想に近づいているかもしれません。

ほんの少し鼻の形を変えるだけでも印象は変わりますし、自信もつきます。

これを機会に、ぜひ実践してみてください!

【スポンサードリンク】