ノンカフェインでも眠気覚ましになる飲み物はあるのでしょうか?

眠気覚ましといえばコーヒーや栄養ドリンクのカフェインが入った飲み物が頭に浮かびますが、カフェインを摂りすぎると血行が悪くなり、具合が悪くなることもあります。夜に飲むのも「就寝時に眠れなくなってしまったら・・・」と心配になることもありますね。

胃の調子が悪い方や妊娠されている方、お子様にも安心して飲める眠気覚ましになる飲み物があったら・・・と思うことも多いのではないでしょうか。

ここでは、ノンカフェインでも眠気覚ましになる飲み物をご紹介します。おうちにある材料でカンタンに用意できるものも多いので、ぜひお試しください。

【スポンサードリンク】

眠気覚ましになるノンカフェインの飲み物

ノンカフェインでも眠気覚ましとしては、「さっぱりとしていてほどよい刺激のある飲み物」「血行をよくする飲み物」が効果的です。

具体的には、「炭酸飲料(炭酸水)」「柑橘系ジュース」「ミントウォーターやミントを使ったハーブティー」「生姜湯」・・・眠気覚ましになるノンカフェインの飲み物は思ったよりいろいろありますね。

暑い時には「炭酸飲料(炭酸水)」、肌寒さを感じたら「生姜湯」を飲むなど、状況に応じて選んでみてくださいね。

【スポンサードリンク】

ノンカフェインの飲み物で眠気覚ましとともに美容と健康に一石二鳥

身体に負担がかからないので安心して飲めるノンカフェインの飲み物ですが、眠気覚まし以外にも美容や健康に働きかける効果が得られます。

ノンカフェインなのに眠気覚ましだけでなく、美容や健康にも一役買ってくれるとしたら一石二鳥で嬉しいですね。

炭酸飲料は、胃を刺激して血流や胃酸の分泌を促進します。食事の際に炭酸水の飲むのはそのためです。

ただし、胃が荒れている時は胃酸が増えることでさらに痛めてしまいますので避けましょう。

また、炭酸飲料の糖分には気を付けてください。

柑橘系ジュースであればビタミンCが摂取できますね。

女性であればいつでも摂りたいものです。

果汁100%のものがオススメです。

ミントウォーターは、カフェなどで見かけたことがある方も多いと思います。

お水にミントを入れて数時間置くだけでできあがりですが、これもさっぱりしておいしい飲み物です。

お好みでレモンを入れると、おしゃれな感じ+ビタミンCも取れちゃいます。

夏場には冷蔵庫に常備したい飲み物です。

ミントを使ったハーブティーも同様で、季節に応じてホットやアイスで楽しめます。

ミントから水に溶け出すミントポリフェノールという物質は、花粉症などのアレルギー症状の緩和にも役立ちますよ。

生姜湯は、血行を促して身体を温めます。

ピリッとした辛みも眠気覚ましに効果的ですし、実際に血行を促して脳に酸素が送られますので、シャキッとします。

作り方は生姜をすりおろしてお湯を注ぐだけですが、チューブの身体を温めると免疫力も向上しますので、目覚ましに健康にと一石二鳥ですね。

お好みで、レモンやはちみつを加えてもおいしいですよ。

眠気覚ましとしてノンカフェインの飲み物を摂りながら、おいしく、身体もいたわることができたら素敵ですね。

最後に

いかがでしたか。

ノンカフェインでも目覚ましになる飲み物はたくさんありましたね。

ノンカフェインドリンクには美容や健康に有益なものが多くあります。

カフェインを減らすと睡眠の質が向上すると言われますので、しっかり睡眠をとりつつノンカフェインの飲み物を飲むことで、美容と健康に役立てつつ集中力アップ!となりそうですね。

ぜひ、お役立てください。

【スポンサードリンク】