お酒を飲みすぎてしまう方!酔っ払ってそのまま寝たと思って起きたら、ズキズキする頭痛で寝れない。。。

そんな経験はありませんか?

今回はお酒を飲みすぎてしまって頭痛に悩まされて寝れない方必見の対処法をお伝えしていきます。

【スポンサードリンク】

お酒を飲みすぎると頭痛が起こるのは何故?

お酒を飲みすぎると頭痛が起こり、眠れなくなって悩まされるのは何故でしょうか?

アルコールは肝臓でアセドアルデヒドと呼ばれる物質に分解されます。

しかしお酒を短期間の間に多く飲みすぎてしまい、体の外に排出されずにこのアセドアルデヒドが血中に大量に残っていると、頭痛が引き起こされるのです。

つまりお酒を飲みすぎて頭痛に悩まされて眠れなくならなくなるためには、この頭痛が引き起こされる機序の中に何かしらの働きかけをすれば予防・解決できます。

次項からは飲みすぎて頭痛が起こる前に予防できることと、すでに頭痛がひどくて眠れない方の対処法をそれぞれご紹介してきます。

【スポンサードリンク】

お酒を飲みすぎてしまう前にできることは?

お酒を飲みすぎてしまって頭痛になるのは、アルコールを急速かつ大量に体が吸収してしまったことで分解されたアセドアルデヒドが代謝されないことによるものです。

アルコールを急速かつ大量に体に吸収させないようにする対処法には以下のようなものがあります。

1、空腹を避け、脂肪分を摂取する。
→空腹時にお酒を飲むと、体は一気にアルコールを摂取しようとしますから、お酒を飲む前には食べ物を食べましょう。

特に脂肪分は消化に時間がかかるため、お酒を飲んでもアルコールの吸収の速度を抑えてくれますから効果的です。
油の含まれたドレッシングがかかったサラダやオリーブ、アボカドなども良いでしょう。

2、緑茶を飲む、もしくは緑茶割りにしてみる。
→緑茶の中に含まれるカテキンには、アルコールの吸収を抑える効果があります。
チェイサーとして緑茶を飲む、もしくは焼酎などは緑茶割りにしてみるとアルコールの吸収を抑えてくれ、頭痛が起こるのを予防対処してくれます。

また、お酒を飲んだ利尿作用によりトイレに行く回数が多い方も頭痛に要注意です。

お酒を飲むと利尿作用でトイレに行く回数も増え、脱水気味になります。

すると血管が拡張することで神経を圧迫したり、血管自体が炎症を起こすことでズキズキと頭痛になることがあります。

そうした場合も頭痛が原因で眠れなくなってしまいますので、食事での塩分摂取と緑茶を飲むことで予防対処するのはとてもオススメです。

お酒を飲みすぎて頭痛でもう寝れなくなってしまったら

では、予防をせずにすでにお酒を飲みすぎて頭痛が起きてしまい、寝れなくなってしまった方はどう対処したら良いでしょうか?

先にもお伝えしましたが、飲みすぎた時の頭痛は血中のアセドアルデヒドや脱水症状が原因で起こっている場合がほとんどです。

そのため、以下のような方法があります。

1、血管の収縮を促す飲み物を飲む。
→頭痛を治す効果があると言われているのが、カフェインを多く含むコーヒーや玉露です。
他にも、同じく血管収縮作用があるといわれるセロトニンを含む牛乳も頭痛を治すだけでなく、寝れない人におすすめです。

2、脱水症状の場合は体に吸収されやすい飲み物を飲む。
→嘔吐などもしていて本当に頭痛が酷くて辛い、寝れないなどの場合は病院で点滴を打ってもらうことが一番です。
そこまでの症状がなくても頭痛が酷く、寝れない時にコンビニでも購入できるのがスポーツドリンクです。

水分だけ大量に摂取してもまた尿として排出されてしまうので、塩分を含んだ飲み物(味噌汁、中華スープなど)も飲みましょう。
体も心も温まり、寝れない人へのうってつけの対処法です。
 

最後に

分かってはいてもお酒をついつい飲みすぎてしまい、頭痛に悩まされて寝られなくて布団の中で後悔。。。

そんな方が増えないように、1に予防、2に正しい対処を。

皆さまがこれからも楽しくお酒を飲んで、頭痛に悩まされずにぐっすり寝られるようになりますように。

【スポンサードリンク】