社会人になると飲み会をする機会が一気に増えます。

毎晩乾杯したり、上司にビールを注いだり…大変な人も多い事でしょう。

しかし社会人の飲み会は意外と厳しいマナーが多くあります

乾杯のやり方、ビールの注ぎ方…意外と事細かにマナーが決められていて、知らないとおこられるかもしれません。

今回は乾杯のやり方やビールの注ぎ方といった飲み会の大事なマナーをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

飲み会での乾杯のマナー

飲み会で乾杯をする時には守らなければならないマナーがあります。

乾杯はただビールのジョッキをぶつけ合うだけではありません。

乾杯をする時に相手が上司だった場合は、自分が持っているグラスを相手より低く下げることがマナーです。

相手のグラスが高くなるようにすればOkです。

グラスの底に手を添えて、両手でグラスを持つようにして乾杯しましょう

ビールの時も、カクテルや日本酒を飲む時も同じです。

また、飲み会では乾杯を一斉にやった後に、個々人に乾杯をすることが多いかと思います。

その時はランクが上の上司から順番に乾杯していくようにしましょう

厳しい上司だと乾杯の段階でマナーを見られていることが多いです。

ここをクリアしておかないと白い目で見られることがあるので気をつけてくださいね。

【スポンサードリンク】

飲み会でのビールの注ぎ方

飲み会でビールを注ぐ時も守らなければならないマナーがあります。

乾杯を終え、酒が進むと上司や先輩にビールを注ぐことがあると思います。

まず、ビールを注ぐタイミングは相手のグラスの中の量が3割以下になったくらいにしましょう

「ビールをお注ぎしましょうか?」と聞いておくといいですよ。

上司との飲み会でビールを注ぐ時は、片手でビンを持ってはいけません。

右手で底を、左手でビンの首を持ち(左利きの人は逆をすればOK)、ラベルが見えるように注ぐことがマナーです

後はこぼさないように、なるべく泡の配分が多くなり過ぎないように注げばOKです。

上司の方からビールを注いでもらう時は、グラスを両手で持って受ければいいでしょう。

底に片手を添えてグラスを持てば大丈夫です。

飲み会でビールを注ぐ時の注意点ですが、あくまで相手がビールを飲むかどうかの意思確認はきちんととりましょう。

ただ断ってきても、一応もう一度ビールがいるかチェックし、それでも断るような他の注文をすすめるをなおよしです。

また、乾杯した後は手酌でいいという上司も中にはいます。

その時は無理にビールを注がなくても大丈夫ですよ。

最後に

乾杯のやり方からビールの注ぎ方まで、飲み会のマナーは色々あって正直面倒ですよね。

プライベートでやる飲み会と違って、いちいち上司や先輩に気づかわなきゃいけないのが難しいところです。

しかし、乾杯やビールの注ぎ方のマナーをしっかりこなすと、それだけで好印象を得られることがあります。

乾杯やビールの注ぎ方を直接誰かに教えてもらうことはそう多くないので、なるべく自分で調べて身につけるようにしましょう。

飲み会のマナーをきっちりこなして、「デキる大人」であることを見せつけてやりましょう(笑)。

【スポンサードリンク】