妊娠中の方は、赤ちゃんのことを考えてカフェインをとらない人が多いと思います。

しかし食べ物の好みは人それぞれで、妊娠中でもチョコレートを食べたくなる人もいるでしょう。

チョコレートにはカフェインが含まれていますが、妊娠中にも食べてもいいのでしょうか。

チョコレートに含まれるカフェインの含有量はどれくらいなのでしょうか。

妊娠中にチョコレートを食べても大丈夫なのか、カフェインの含有量はどれくらいか調べてみました。

【スポンサードリンク】

妊娠中にチョコレートを食べてもいいの?

カフェインが含まれていることで妊婦さんが避けるもので、コーヒーやお茶は有名ですね。

しかし、チョコレートにもカフェインが含まれていることを知っている人は少ないようです。

カフェインをとらないようにコーヒーを我慢していても、チョコレートを食べ過ぎるとカフェインをとっていることになります。

妊娠初期はカフェインの取りすぎに注意が必要です。

カフェインの働きとして、体が興奮状態になったり、不眠状態になるなどがあります。

妊娠中はカフェインの消化率が悪くなるため、このような症状が強く出る可能性があるのです。

また胎児への影響も心配です。

お母さんが摂取したものは、胎盤を通して胎児に送られるため、カフェインをとり続ければ胎児にもカフェインが送られます。

胎児の発達に影響が出ることも心配ですが、カフェインの大量摂取が原因で、流産や死産のリスクが高くなってしまうのです。

こんな悲しいことが起こらないように、出来ればチョコレートの大量摂取は避けたほうがいいでしょう。

【スポンサードリンク】

チョコレートに含まれるカフェインってどれくらい?食べてはダメなの?

では、チョコレートに含まれるカフェインの含有量はどれくらいなのでしょうか。

大まかにですが、チョコレート一枚のカフェイン含有量は、コーヒー一杯の約6分の1程度と言われています。

コーヒーほどには含まれていませんが、やはりチョコレートにもカフェインは含まれています。

限度なく食べ続けるとやはりカフェインの取りすぎになりますので、注意が必要です。

しかし、カフェインが含まれているから絶対に食べてはいけないかというとそうではありません。

チョコレートの原料はカカオ豆ですが、カカオ豆に含まれているポリフェノールには、様々ないい効果があるからです。

動脈硬化の予防、便秘の改善、肌荒れ予防、ストレスを減らす、などが有名です。

妊娠中はただでさえ健康に気を使ったり、体調が変わったりしてストレスがたまるので、多少のチョコレートを食べるのはメリットがあるのですね。

甘いものを食べ過ぎると糖尿病の危険もあるので食べ過ぎはいけませんが、リラックスできる量を楽しむ程度なら食べても平気です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

妊娠中にチョコレートを食べてもいいのか、また、カフェインの含有量を調べてみました。

コーヒーほどではないですが、チョコレートにはカフェインが含まれていることがわかりました。

妊娠中、特に初期はカフェインは控えたほうがいいですね。

しかし、絶対に食べてはいけないとなるとストレスにもなるので、リラックス目的で適度に食べる分には大丈夫です。

食べ過ぎに気を付けながら、妊娠中もチョコレートを楽しんでください。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】