二の腕にお肉がついてタプタプして悩んでいる人、多いと思います。

二の腕が太いと、全体的に太って見えてしまうので気になる場所ですよね。

逆に言えば、二の腕が痩せれば体もほっそり見えるということ。

では、二の腕痩せを成功させるためにはどんな方法があるのでしょうか。

誰もが気になる二の腕痩せが成功する方法を調べてみました。

【スポンサードリンク】

二の腕はなかなか痩せない?!

二の腕にお肉がついたらなかなか痩せないと実感する人、多いのではないでしょうか。

実は二の腕は体の中でも脂肪がつきやすく、また一度ついた脂肪はなかなか落ちないという厄介なところなのです。

二の腕がなかなか痩せないのはこういった理由からなのですね。

でも二の腕痩せ、したいですよね?

最も効果があるのは、二の腕のストレッチでしょう。

二の腕痩せに効くストレッチをいくつか紹介します。

【スポンサードリンク】

二の腕痩せは、ねじる・こらえる・振る!!たくさんあるストレッチ

●二の腕をねじる

まず、足を軽く開き、背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます。

この時視線は遠くに向けます。

腕を上げ手のひらを開き、鼻から息を吸いながら手のひらを外側にねじります。

ねじった後は息を吐きながら手のひらを元に戻します。

はい、たったこれだけです。

これを数回繰り返すのを続ければ、自然と二の腕が痩せていきますよ。

このストレッチは二の腕だけでなく、背中痩せ、猫背の矯正にも効果があります。

●プルプルこらえよう

体操座りをして、手のひらは地面につけて体の後ろで手をつきます。

指先が自分のほうに向くように手をついてください。

ゆっくりとひじを曲げながら体を後ろへ倒していき、自分の限界だと思うところで止めて10秒そのままにします。

それからゆっくりひじを戻しながら体を起こして元の体操座りに戻ります。

これを10回ほど続ければOKです。

きついなと思うところで止めて、決して無理はしないでください。

●バイバイするように振ってみよう

手のひらを上に向けた状態で、腕を後ろに伸ばします。

伸ばした手はまっすぐにしたまま、腕を可能な範囲で上げていき、そこでバイバイするように手のひらを振ります。

これを20回が1セット。一日2セットやると効果的です。

腕をあげてバイバイするだけという簡単なストレッチですが、普段使わない筋肉を使うので意外ときついですよ。

他にもこんな方法があるよ!

●壁を使って腕立て伏せ

床で腕立て伏せはきついですが、壁を使うと案外簡単です。

あごの高さで壁に手をついて、腕立て伏せの要領でひじを曲げます。

そのまま3~5秒キープし、戻します。

これを10回程度が目安です。

●腕を後ろに振って歩く

普段歩く時にも二の腕痩せをすることができます。

ただ腕を振るのではなく、腕を後ろに振るときに引っ張るように振ると効果的です。

大きく腕を振ることで二の腕はもちろん、全身の脂肪燃焼にも効きます。

普段から腕を後ろに振ることを意識して歩くようにしてみましょう。

歩幅を大きくとることも大切ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

多くの人が悩む、二の腕痩せを成功させる方法を紹介しました。

大事なのは、これらのストレッチなどを毎日継続することです。

毎日積み重ねていけば、だんだん二の腕が痩せてくるのを感じられるはずです。

コツコツ続けて、ぜひ二の腕痩せを成功させてください。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】