翌日にまで残るにんにくのにおい…

美味しいし、体にもいいにんにくですが、どうしても気になるのがあのにおいですよね。

いつまでも残り続けるあのにおいを、消すことができたら嬉しいんですが…。

ということで、今回はそんな翌日にまでいつまでも残るにんにくのにおいを消す方法をご紹介していきます!

【スポンサードリンク】

翌日まで残るにんにくのにおいって?

まずは、翌日まで残るにんにくのあのにおいの原因は一体何なのか、そこから考えてみましょう。

にんにくを刻んだり加熱したりすることで、「アリシン」という物質が生まれます。

これが実はにんにくのにおいの元になっているんです。

アリシンを取り込むことで、まず直接的に人間の口が臭くなります。

さらにそれだけでなく、消化されたアリシンは血液の流れにより全身や肺に送られ、二次的に体臭や口臭にまで広がっていきます。

これがいつまでもにんにくのにおいが残る原因で、なかなかにおいを消すことができない理由なんです。

【スポンサードリンク】

にんにくのにおいはいつまで残るのか?

では、にんにくを食べてからにおいはいつまで続くんでしょうか?

にんにくを食べて直接におう口臭は大体3時間ぐらいで消えるそうです。

ですが、先ほども言ったとおり問題なのは後にくる体臭と口臭。

こちらは人にもよりますが、大体15時間から48時間まで続く人もいるそうです。

ですからどんなに早い人でも、夜ににんにくを食べたら翌日まではにんにくのにおいを消すことはできないということです。

にんにくのにおいを消す!

それでもあんなに美味しいにんにくですから、どうしても食べたくなるものです。

そこで、普通ならいつまでたっても消えないにんにくのにおいを、翌日まで残らないように消す方法をご紹介します。

まず、最初に来る口臭を消す方法としては、洗口液やガム、歯磨き、ブレスケアなどのタブレットを使用することです。

口内に残るアリシンを洗い流せばいいわけですから、一般的な方法でにんにくのにおいを消すことができます。

次に、後に来る体臭や口臭を消す方法ですが、ポイントはにんにくが消化される前ににおいの原因を消すことです。

なので、にんにくと一緒に、または食事の直後に次に挙げる食品を一緒に摂取すると効果があります。

それは、りんご、お茶、チョコレートです。

りんごに含まれるリンゴポリフェノールという物質が、アリシンと結合してそのにおいの発生を抑えてくれるんだそうです。

にんにくのにおい対策の一番手だとか。

次のお茶は、カテキンがその効果を発揮します。

実はカテキンもポリフェノールの一種で、リンゴポリフェノールと同様の効果を発揮してくれます。

緑茶、烏龍茶、紅茶の順にカテキン含有量が大きいので、にんにくのにおい対策としては緑茶が最もおすすめです。

同じく、チョコレートにもポリフェノールが含まれています。

これも同様の効果でにんにくのにおいを抑えてくれます。

にんにくを含む食事と一緒にお茶を飲み、デザートとしてりんごやチョコレートを食べると一番効果的かもしれませんね。

最後に

翌日まで残るにんにくのにおいの消しかたについてご紹介してきました。

いつまでも消えないあのにおいを消すために、一緒にとる食事でそのにおいの元を抑えてあげることが肝心です。

職場や満員電車などでにんにくのにおいをプンプンさせていると周りの迷惑にもなりかねないので、今回紹介した方法でケアしておきましょう!

【スポンサードリンク】