購入したにんにくを数日後に料理に使おうとすると芽が生えていたという経験はないでしょうか?

お料理をするとき、にんにくの芽は炒め物との相性が抜群だと言われていますが、にんにくの芽にはどんな栄養が含まれているのかご存知でしょうか?

にんにくの芽にはさまざまな健康効果や美容効果があるそうです。

このようににんにくの芽には、さまざまな健康効果や美容効果があると言われています。

またにんにくの芽は緑黄色野菜の一種となっているため、にんにくよりも栄養が豊富に含まれているようです。

にんにくの芽は食べれることができます。

毎日にんにくの芽を食べれるとするなら、飽きてしまうこともあるかと思います。

にんにくの芽の栄養や効果などを理解して、普段の食生活に取り入れてみましょう。

よかったら参考にしてみてくださいね。

今回はにんにくの芽についてご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

にんにくの芽について

にんにくの芽とはなんでしょうか?

にんにくの球ができるつぼみのついた若い茎を切り取った、茎にんにくのことをいいます。

今日ではにんにくの芽の専用の品種もあり、現在は通年で売られています。

にんにくの芽はたべられるのかどうかという、もちろん食べられますという事になります。

にんにくというと、普通は皆さんご存知の球の部分を利用しますが、芽もたべることができるのです。

伸びたにんにくの芽は摘み取って食べることができます。

ちなみにこのにんにくの芽が伸びることによって、にんにく特有の臭いも控えめになっていきます。

実はこの芽の部分には、とてもビタミン類が豊富に含まれています。

このにんにくの芽は栄養価が高く、にんにくの甘味、歯ごたえがあり、炒め物や煮込みなどにも合うためよく調理ようの食品として利用されています。

【スポンサードリンク】

にんにくの芽が食べれるのか

にんにくの芽が出てきた場合どうしていますか?

にんにくの芽にはジャガイモの様に毒は無いので問題なく食べれるのですが油炒めなどの調理方法の場合は非常に焦げるのが早いので取り除いて使うのが一般的です。

その他にどのような使い道が有るかと云えば、せっかく芽が出てきたのですから育ててみるのも面白いです。

にんにくをそのまま栽培するのもいいですが、おすすめは水耕栽培で栽培することです。

にんにくの芽にはさまざまな健康効果や美容効果があると言われています。

しかし、このような効果を期待して過剰に摂取すると身体に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

にんにくやにんにくの芽に含まれている成分の中には、刺激が強いものもあるそうです。

そのため、過剰に摂取することで、胃腸を荒らしてしまうことがあると考えられているようです。

このようなことが原因で、下痢や嘔吐を引き起こす可能性があると言われています。

にんにくの芽は食べれることができますが、食べるときには、過剰摂取をしないように気をつけましょう。

にんにくの芽の栄養について

にんにくの芽の栄養
にんにく独特のにおいと辛みは、アリシンによるものですが、アリシンは、ビタミンB1と結合して、糖質をエネルギーに変えるのを助けるはたらきをします。

そのため、身体の疲労回復や滋養強壮に効果を発揮します。

アリシンなどの硫黄化合物には殺菌効果があり、また抗酸化作用もあるのでガン予防も期待されます。

また、カロテンや食物繊維、ビタミンB1が豊富に含まれているといわれています。

そして、にんにくの芽は、にんにく独特の臭みが、とても柔らかくなっていますので、臭いのがちょっと苦手という方にもおすすめできます。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】