近年日本でもマダニ被害が増えてきて、その危険性が注目されています。

マダニというのは、家の中の布団などにいるダニとは全く異なります。

人間がマダニに噛まれると、命に関わる場合もあるのでしっかりとした対策が必要です。

そこで今回は、私たち人間の効果的なマダニ対策を紹介していきます。

読んでぜひ参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

人間のマダニ対策・・服装に注意

     
私たち人間のマダニ対策を知る前に、まずは簡単にマダニの危険性や生息地などを知っておきましょう。

マダニは、人間の肌に嚙みついて蚊のように血を吸い取ります。

噛みつくので傷跡が大きく残り、更に体が大きいので一度噛みつかれたら数日間にわたって血を吸い続けるのです。

血を吸う時に人間の血液にダイレクトに触れるので、マダニの持つ病原菌に感染してしまう可能性があります。

中でも効き目のあるワクチンがない、重症熱性血小板減少症候群ウイルスに感染すると命を落とす場合もあります。

実際に犠牲となって、亡くなった人もいるのでしっかりとした対策が必要なのです。

そしてマダニは屋内ではなく、屋外の草むらなどに生息しているので、アウトドアや畑仕事などの際に特に対策しなければなりません。

まず野山に出かける時は、できるだけ肌の露出を控えて長袖長ズボン、軍手などを身につけましょう。

更にマダニは下から登ってくるので、隙間ができないように首にタオルを巻いたり、体にフィットした服装が最適で、ズボンの裾を靴下に入れるようにしましょ
う。

履物もサンダルなどはやめて、必ずスニーカーを履きましょう。

そして、虫よけスプレーも効果的です。できればマダニ専用のものを使うことをおすすめします。

体に吹きかけるだけではなく、服の上からも念のためかけておくと更に効果的です。

【スポンサードリンク】

人間のマダニ対策・・屋外での行動と帰宅時に注意すること

屋外での人間のマダニ対策としては、マダニや草木の上にいるので、できるだけ草に体が触れないように気を付けましょう。

草に体が触れると、マダニが草から人間の体へと歩いて移動し、そのまま乗り移ってきます。

更に下に座る時は、草の上に直に座らないでビニールシートを必ず敷くようにして下さい。

また、草の上に寝転がるのはとても気持ちいいですが、安易に転がることで驚くほどたくさんのマダニが服につくことがあるので、絶対にやめましょう。

そして帰宅時にはマダニが服に付着していないか、服の隙間から体に潜り込んでいないかをチェックしましょ。

一人暮らしだとなかなか自分では確認しにくいので、できれば帰宅後にすぐ着替えたり、シャワーを浴びれば、万一マダニが付着していても噛まれる危険性はかなり低くなります。
万一マダニに噛まれているのに気づいたら、無理に引きはがそうとするのは逆に危険です。
マダニの吸着力が強いので、体がちぎれて体内に残ってしまう場合もあるからです。
すぐに感染症を発症するというわけではないので、落ち着いてピンセットで口元をつまんで剝がしましょう。
噛んでいたマダニはウイルスを保有しているか調べることができるので、保管してすぐに皮膚科を受診してください。

【スポンサードリンク】