結婚式の二次会に全員参加で盛り上がるゲームとは?

結婚式の二次会は結婚式の披露宴が終わった後、新郎新婦も気楽に参加できて、さらに楽しい雰囲気になります。

そんな二次会でゲームがあれば楽しさ倍増ですよね。

そんな結婚式二次会に全員参加で盛り上がるゲームをご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

結婚式の二次会で盛り上がる全員参加のゲームの条件は?

結婚式の二次会で盛り上がる全員参加のゲームといえば、どのようなものが良いのでしょうか?

皆さんは、結婚式の二次会でゲームをした経験はありますか?

あれが楽しかった、これがイマイチだった…いろいろ経験した方もいるかもしれませんが、良いゲームと悪いゲームの条件があるのです。

結婚式では、親戚や親しい友人、職場関係まで様々な方々が参加します。

共通は“新郎新婦”というつながりだけで集まっているので、お互い知らない人も多いですよね。

そんな知らない人もいる中、二次会ではさらに新郎新婦とも距離が近くなり、盛り上がる場となります。

そこで“全員参加”できるゲームが二次会を盛り上げるポイントになります。

そこで気を付けるポイントとしては…、

1.誰でも盛り上がれるような内容にする

2.老若男女が楽しめるように簡単なルールにする

3.短い時間でできるもの

4.ゲームの回数は1時間に1回

5.下品な内容は避ける

6.景品ゲット罰ゲームを盛り込む

このようなことを意識して、全員参加のゲームで盛り上がりましょう!

【スポンサードリンク】

結婚式の二次会で盛り上がる全員参加のゲームとは?

では、結婚式の二次会で盛り上がる全員参加型のゲームを具体的にご紹介しましょう!

1.ビンゴ

これは定番中の定番ですよね。

ただビンゴをするだけでもいいですが、少しアレンジを加えてみましょう。

当選番号はビンゴマシーンを使わずに、司会者が新郎新婦に質問して数字を決めるというもの。

新郎新婦の誕生日や好きな数字、付き合ったのは何月何日…など、新郎新婦に関する話題に触れることができて楽しさ倍増です。

2.じゃんけん

全員参加できるゲームとして、これも定番中の定番。
新郎新婦とじゃんけんして、じゃんけんする度に司会者が「勝ち・負け・あいこ」のどれが残るかを指示するとなかなか波乱のじゃんけん大会になります。

3.伝言ゲーム

ただの伝言ゲームで速さを競うのではなくて、すこしひねりを加えてみましょう。

まず、「モゴモゴ伝言ゲーム」

チームに分かれた後、口の中にマシュマロやパンなどを詰めてスタンバイ。

司会者が先頭の人に紙でメッセージを見せ、その後一斉スタート。

どのチームが早く司会者に正しい内容を伝えられるかを競います。

また「ジェスチャー伝言ゲーム」もオススメ。

ジェスチャーだけで行うので、盛り上がること間違いなしです!

4.新郎新婦○×クイズ

全員参加で盛り上がれるものとして、新郎新婦に関するクイズを出題するのも良いでしょう。

実は○○だった!なんて衝撃事実も発覚するかもしれません(笑)

マイクで話すだけでも楽しいですが、スライドや動画を準備してやるのも良いでしょう。

5.しりとり連想ゲーム

定番ゲームのしりとりですが、条件付きしりとりで少しアレンジしましょう。

「3文字だけ」や「食べ物に関する」しりとり、手拍子のほかに音楽のリズムに合わせてしりとりをして罰ゲームに「青汁を飲む」(笑)など楽しくできます。

また、「連想ゲーム」もオススメ。

新郎新婦と同じ答えの場合、景品ゲット!というのも良いでしょう。

6.宝さがしゲーム

これは会場と相談することが必要ですが、“宝さがし”の番号を書いた紙などを二次会の会場内に隠しておきます。

それを探した人が、その番号の景品をもらえるというもの。

小さいお子さんも楽しめること間違いなしです。

結婚式二次会で盛り上がるゲームは、全員参加が大事!

結婚式の二次会で盛り上がるには、全員参加できるゲームをするのがポイントです。

特定の人だけが盛り上がるようなものや、難しいルールのものはNG。

また、あまり長くなってしまうものもダラダラしてトーンダウンしてしまう可能性があるので注意が必要です。

結婚式の二次会は、歓談がメインなので、誰でも簡単にできてすぐ終われるものが歓談のじゃまにならずに楽しい雰囲気にしてくれます。

皆さんも結婚式の二次会に、全員参加のゲームで盛り上がりましょう!

【スポンサードリンク】