風邪をひいて熱が出た時、あなたはどんな対策をしますか?

沢山汗をかくと治ると聞いたことありますよね!

私も熱がある時は沢山着込んでどんどん汗をかくようにしています。

今日は熱は汗をかくと早く治るのか?調べて見ました。

ぜひ参考にして見てくださいね。

【スポンサードリンク】

熱が出ているのは体がウイルスと戦っているから

まず、どうして熱が出るのでしょう?

私達の体は体力や免疫力が低下すると、風邪などのウイルスに負けてしまいます。

免疫力が低下した所に浸入してきたウイルスをやっつけようと体内で反応がおこっているんです。

熱がこれから上がるという時は顔色が悪く、寒気がしますよね。

まだ汗は出ていないはずです。

体が震えたり、ゾクゾクするのは、ウイルスの侵入に対抗するため、体温を上げようとしているのです。

保温性の高い衣類や寝具で体の熱を逃さないようにし、室内は十分な暖かさと湿度を保つことが大切です。

早く治るのはどうすればよいでしょうか?

【スポンサードリンク】

熱がある時に温め過ぎはNG!

熱が上がる前と上がった後でと対処法は変わります。

寒気がしてきたらこれから熱が上がるサインです。

すごい厚着にして布団を何枚もかけて、汗を沢山かいて寝るのが早く治る良い方法だと思っていませんか?

実は熱が上がってきたらと何枚も重ね着をしたり、電気毛布や暖房でどんどん温め過ぎは良くありません。

免疫力が低下しているのに、温め過ぎるとさらに熱が上がることもあります。

病気と戦う体力が減ってしまいます。

また、沢山汗をかくと良いとされていますが、こちらも体力を使ってしまうため、無理に汗をかくようなことはしないで保温に努めましょう。

汗をかいたらこまめに着替えをして、冷えないように気をつけましょう。

熱が上がり切ったら薄着に!

熱が上がりきった時は、顔に赤みがさし手足が温かくなっています。

体の中では風邪による熱が上がりきったので、余計な熱を放出するため手足の血管が広がった結果暖まります。

汗をかいていたら着替えをして、寒くない程度に薄着にして、熱を放出しましょう。

気持ちよければ少し頭を冷やすのもよいでしよう。ただし、これで、熱が急に下がることはありません。

風邪により発熱すると免疫細胞が活発化し、通常の5倍近くビタミンCが奪われるといわれます。

ビタミンCを補給して回復の補助になるようにしましょう。

また熱が出ている時に胃腸に負担のかかる食事をすると、そちらの消化に体力を使ってしまいますので、負担のかからない酵素たっぷりのフルーツや、お粥がオススメです。

しっかり水分も補給するようにしましょう。

早く治る為に、体を労わりしっかり睡眠もとりましょう。

きっと熱が出ている時は体が疲労しているので夜でなくとも寝れてしまうはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私は風邪で熱が出たら、ガンガン汗をかくようにして治していたんですが、体力を使ってしまって逆効果だったのですね。

今度熱が出た時は、なるべく体に負担のかからないようにして、早く熱が下がるように、風邪が早く治るように努めたいと思います。

普段から栄養をしっかり取って体力づくりに努めて、ウイルスに負けない体を作りたいとおもいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】