ぐっすり眠ったけれど、寝すぎぎちゃって起きたら腰がイタタ…なんて腰痛が起こったことはありませんか?

寝すぎて腰痛の症状が出ることは珍しくありません。腰痛はつらいし、早く治したいですね。今日は寝すぎた時の腰痛の治し方について調べてみました。ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

どうして寝すぎると腰痛が起きるの?

寝すぎると、体が横になっていて一見は休んでいるように見えますが、同じ姿勢をずっと取り続けるのは腰に負担となっています。

横になった状態は腰をずっとベッドやマットレスに押し続けている姿勢をとっているようなもので、長い時間座っているとお尻が痛くなってくるのと似ていますね。

横になって痛みが引くのを待つのは腰痛を助長させてしまいますし、体に合わない寝具やクッションなども腰への負担を大きくします。

体が沈み込むような柔らかい素材を使うのは体にフィットしているからきっと良いもの!と思うのは全く反対で、あまり柔らかすぎると腰を不安定な状態にさせてしまうのであまりよくありません。

寝すぎたわけではないのに普段の睡眠から腰が痛くなる、という場合は寝具の見直しが必要です

それから寝すぎてしまうと身体の血流が悪くなり、全身に回るべき血液が滞ってしまい、腰痛の原因になることがあります。

【スポンサードリンク】

寝すぎの腰痛の治し方はあるの?

寝すぎて腰痛になる場合は、寝すぎにより身体の筋肉やスジが固まってしまったり、血行が滞り身体がうまく動かせない、うまく動かいないことによりおこります。

何よりも大切なのはまず体を動かし血行を良くして滞りをなくすことが必要です。

身体を後ろ側へそらした時に痛みを感じたり、痛みが激痛の場合、常に鈍い腰の痛みが続く場合は寝すぎとはまた違う腰痛の原因がある場合があります。

自己診断は危険ですので病院の診察を受けましょう。

次に寝すぎてしまったときの治し方をご紹介します。

寝すぎの腰痛の具体的な治し方

ここでご紹介する治し方は一つの例です。あまり痛みが増すようでしたらすぐにやめて病院で診てもらってくださいね。

腰は体の要になる部分です。腰痛を悪化させないように慎重に動きましょう。

まず、程度の血行活性を促すためにお風呂に入りましょう。全身を温め、血行をよくします。寝すぎで体のだるさもあると思います。お風呂でスッキリしましょう。

お風呂を出たら手を上に伸ばし、全身伸びをするようにストレッチしましょう。滞っていた全身の血流を良くして筋肉を伸ばしてあげるような感じで行います。ゆっくりやりましょう。

伸びの次は前に体をゆっくり倒して元に戻すを繰り返します。体を前に倒した状態から右側へゆっくり、左側へゆっくりと交互に繰り返します。

このストレッチを繰り返すことで腰への負担が改善され動きやすくなります。

ゆっくり繰り返していると、腰の痛みはだいぶ緩和されると思います。最後に全身を軽く動かして(ラジオ体操のようなものでよい)ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまでやれば腰の痛みも体のだるさもある程度は解消されるのではないでしょうか?寝すぎて腰痛になってしまたらこの治し方をぜひお試しくださいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】