しっぽを振る猫の姿、猫を飼っている人ならよく見る光景だと思います。

犬がしっぽを振る時というのは嬉しい気持ちの表れだというのは有名な話ですが、猫の場合はどういう意味があるのか分かりますか?

実は、猫のしっぽにもちゃんと意味があるんです。

そこで、今回は猫がしっぽを振る時の意味を中心にしっぽで示している猫の気持ちを見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

しっぽで猫の気持ちが分かる?

犬同様、猫もしっぽで気持ちを表しています。

もちろん、我々人間に気持ちを伝えようとしているわけではありませんが、本能的に気持ちがしっぽの動きに現れているんですね。

そこで、猫のしっぽをの動きを見れば今猫がどういう気持なのか、その意味が想像できるというわけです。

しっぽの動きには振る、立つ、丸めるなど色々とありますが、それぞれどんな意味があるんでしょうか。

【スポンサードリンク】

猫がしっぽを振る時の意味はどんなこと?

猫がしっぽを振る時には、色々な振り方があります。

例えば、猫が姿勢を立てたまま大きくしっぽを振る時。

この意味は、見慣れない物や獲物になりそうな物を発見して、興味津々な気持ちです。

獲物に向かってとびかかる準備状態と言ってもいいでしょう。

寝転がりながらしっぽをゆっくり大きく振る時。

これはゆったりとリラックスしている時です。

だいたいの猫は一匹でこうしている時間を好むので、こうした猫にとってのリラックスタイムは大事にしてあげましょう。

猫がしっぽを細かく速く振る時。

これは何か不安なことがあるか、落ちいていない状態です。

何か原因がないか考えてあげましょう。

しっぽをリズムよく左右に大きく振る時。

これは相手に対する威嚇のアピールです。

しっぽを乱暴気味に左右に大きく振っている時。

これは猫がイライラしている意味を表しています。

こうした時に無理にかまいすぎるとひっかかれたり噛みつかれたりしますので注意しましょう。

しっぽの先だけをピクッと振る時。

これは何か気になるものがある時などに出る行動です。

考え事をしているのかもしれません。

猫が寝ている時にしっぽの先を振る時。

寝ている時のこの行動は、自分が呼ばれていることには気付いているけど起きたくないのでしっぽで反応しているんだそうです。

実に猫らしい行動ですね。

座りながらしっぽを縦に振る時。

これは、猫の機嫌がいい時にこれから何をするか考えています。

遊びに行くか、それとも寝るか、と猫なりにワクワクしているのかもしれませんね。

その他、猫のしっぽの行動の意味

しっぽを振る以外の猫のしっぽが示す意味にも色々なものがあります。

例えば、猫がしっぽを垂直に立てる時。

触ってみると芯でも入っているかのようにピンと立っている時は、猫が嬉しい気持ちでいる時です。

ご飯をあげるときなど、甘えてくる時にもこうなることが多いですね。

しっぽを山型に持ち上げている時は、警戒心や攻撃態勢にいる時です。

見ていると猫にも緊張感が漂っています。

しっぽを下げている時は、しっぽ同様気持ちも下がっている時です。

怒られてしょげていたり、体調が悪い時などこうなることが多いですから、起こってもいないのにしっぽが下がっていたら注意が必要かもしれません。

しっぽの毛がボワッと逆立っている時。

これは猫が極端に驚いたり、的に対して今にも攻撃するぞと威嚇している時です。

非常に興奮している時で、全身の毛が逆立つこともあります。

最後に

猫がしっぽを振るときの意味を中心に、しっぽに込められた猫の気持ちをご紹介してきました。

しっぽをよく見ていれば猫がどうしたいのかある程度想像できますから、猫ともっと仲良くなりたいのであれば、しっぽから猫の気持ちをよく観察して、猫の望むことをしてあげると良いと思いますよ!

【スポンサードリンク】