あなた寝言ひどいわね!

一緒に寝ている恋人やパートナーだったり、家族だったり、そんなことを言われたことありませんか?

寝言がひどい人は病気の可能性があることをご存知の方はあまりいないのではないでしょうか?

今日は寝言がひどい人の原因と考えられる病気について調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

寝言の原因

そもそもどうして寝言を言ってしまうのでしょうか?

眠りは浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠の2つの睡眠が交互に起こって成立しています。

大人の寝言は主に睡眠が浅いレム睡眠の時に起こります。

原因は眠りが浅いので、脳が起きている為、むにゃむにゃと寝ぼけたようにおしゃべりをします。

また、はっきり寝言を言う時もありますね?

周りの人がびっくりするはっきり言う寝言は、ノンレム睡眠に入る段階、ノンレム睡眠からレム睡眠に切り替わる時の2回、「軽睡眠」と言われる時間帯に多く見られ、無意識でも体は起きている為に起こると言われています。

寝言がひどい人はレム睡眠とノンレム睡眠の間にずーっとしゃべっているなんてこともあるようです。

聞いている人はそれは病気かと思ってしまうほどです。

【スポンサードリンク】

寝言はストレスに影響される

先ほどの寝言の原因は睡眠の時間帯であるということに触れました。

つまり、寝言がひどい人は眠りの浅いレム睡眠や軽睡眠が多く、深い睡眠時間が短いということです。

眠りが浅い代表的な原因は「ストレス」だと言われています。

心の不調が生じると、心の不調が心身にストレスを生じさせます。

ストレスがかかると心身が緊張状態となる為、睡眠中も交感神経という緊張神経が活性化してしまい、覚醒が高まり、深い眠りが得られなくなって眠りが浅くなります。

また、精神的なストレスだけでなく、身体的なストレスでも寝言は増えます。

たとえば風邪で寝込んで体力が消耗している時、睡眠時にうなされたりするのはこのせいです。

病気のせいで寝言を言う可能性も否定できません。

病気が原因で寝言を言うこともある

ストレス以外で睡眠に障害が生じていてひどく寝言を言っている場合、病気を疑ってもいいかもしれません。

「ナルコレプシー」という睡眠発作が生じて突然眠ってしまう病気、「睡眠時無呼吸症候群」で眠りが浅くなっている、「レヴィー小体型認知症」という認知症の1つや、「レム睡眠行動障害」というレム睡眠に異常が起きる疾患など、様々な病気が疑われます。

もし、ひどい寝言で特にストレスもなく心配の方、病気が原因かもしれません。

専門の病院で見てもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ひどい寝言を言う方、原因に思い当たりはありましたでしょうか?

病気が原因であることも可能性としてありますので、治療すれば改善する病気もあります。

自己診断せずに、医師に診断をお願いするのも良いでしょう。

しっかりと質の良い睡眠をとって寝言から解放されるといいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】