夏バテの予防や対策にいい料理って、何だか知っていますか?

そもそも、どうして夏バテが起こるのか。そこから見ていきましょう。

ヒトの体は、体温を一定に保とうとする性質があります。

例えば、日本の夏はムシムシ、ジメジメに暑さがくっついてやってきますよね。

そのような高温多湿な状態になると、ヒトの体はいつも以上のエネルギーを消費します。

少しの間だけなら問題ありませんが、夏の間中、そんな状態が続くものですから、体はだんだんその暑さに耐えられなくなって、体にその熱を溜め込んでしまいます。

そうすると、体温調節が出来なくなり、おなかの調子が悪くなったり、熱が出たりするものです。

こうした、体にとって辛い状態が続いて、体力が普段より落ちている状態の事を「夏バテ」といいます。

今回は、そんな夏バテの予防・対策をはじめ、美味しい料理までを紹介します。

【スポンサードリンク】

夏バテしたら、どんな対策をとればいいの?

夏バテ予防およびバテてしまった時の対策は、4つの方法があります。それは、

・冷房を控えめにして、外との温度差を減らすこと

・しっかりと睡眠をとること

・こまめに水分補給をすること

・ごはんをしっかり、よく食べること

という、とっても簡単な予防・対策方法です。

しかし、簡単だからこそ、意識して続けるのは難しいものです。

では項目を2つずつに分けて、詳しく見ていきましょう。

温度管理と睡眠について

温度管理の代表格。それは冷房を控えめにすることです。

外との温度差が大きいと、体のバランスを整えてくれている自律神経が弱ってしまい、めまいや食欲不振を起こすことがあります。まさに「夏バテ」です。

理想の温度差は5度以下ですので、暑い夏は辛いかもしれません。

学校や職場だと、自分のお部屋のように調節が出来ない場合もありますよね。

その場合は、ひざ掛けや羽織ものを使って、体が冷えすぎないようにしましょう。

次に、しっかりと睡眠をとる事に関してです。

冷房を使用するときは、絶対体に風が当たらないように工夫をすることと、除湿機能を使う様にすると、冷え過ぎず快適に寝ることが出来ます。

加えて、寝る前にお風呂に入り身体を温めておくと、寝る頃にはお風呂上がりの体から熱が逃げるので、きちんと眠気がやってきます。

【スポンサードリンク】

夏バテしない!水分補給と対策料理

夏バテしないために、なにより大事なのは、こまめな水分補給です。

これは、暑さでどんどん汗をかいてしまうためですので、電解質を含んだスポーツドリンク等での補給が望ましいです。

最近は熱中症対策用のドリンクや、塩分を含んだ飴なども発売されていますので、ドラッグストアなどで探してみてください。

ちなみに、冷たい飲み物は内臓が冷えてしまって、逆に夏バテを起こしやすくなってしまいますので、注意してくださいね。

次に料理ですが、夏バテ対策にぴったりの料理と言っても、暑さでなかなか食欲もわかないですよね。

そんな時は、ポイントを押さえて食事をすると、とっても簡単に対策が出来ます。

・スパイシーな料理で食欲を増進してみる

・お野菜や果物をたっぷりとって、ビタミンB1やクエン酸補給をする

・暑いからって冷たいものを食べすぎない

ビタミンB1とクエン酸を一緒に補給出来るお料理は色々ありますが、

広げた豚薄切り肉(ビタミンB1)で大葉と叩いた梅肉(クエン酸)を巻いて片栗粉をつけて焼いたものは、お弁当にも入れることが出来るのでおすすめです。

他にも、夏野菜と豚ひき肉を使ったカレー炒めは、スパイスで食欲を増進してくれますし、最近流行の鶏ハムを手作りすれば色々なアレンジが楽しめます。

暑いし手間がかからないから・・・と、ついそうめんばかりになりがちですが、そうめんつゆに炒めた夏野菜を加えてみたり、豚を冷しゃぶにしてそうめんに乗せてみたり、アレンジを加えればそうめんでもしっかり対策が出来ます。

今年の夏はこんな料理で、しっかり食べて対策してくださいね。

【スポンサードリンク】