生ゴミを冷凍することで、夏場の嫌な臭いや虫などを避けることができると聞いたことはありませんか?

生ゴミの保管方法に関しては、ゴミ袋を二重にしたり消臭剤を使ったりベランダや庭にゴミ箱を出すなど、多くの方が涙ぐましい努力をしているようです。

そんな中、今、生ゴミ対策の一つとして「冷凍」に注目が集まってます。

そこで今回は、「生ゴミを冷凍するメリットと方法について」について調べてみました。

【スポンサードリンク】

生ゴミ処理の方法に悩んでいませんか?

ゴミ箱の周辺から腐敗臭がしたりコバエがやってきたりうじ虫がわいてしまったり、生ゴミは少しでも気を抜くと大きな災難をもたらします。

外に出しておいたゴミ箱をネコやカラスに荒らされてしまったという方までいらっしゃいます。

また、水をしっかり切っているつもりでも、収集日に持ち上げると、生ゴミから液漏れしてしまったり。

新聞紙やビニール袋を何枚も使うなど、手間もかかって悩みやストレスは尽きません。

心理的にも、特に夏場は、週に2回程度の収集日まで不衛生な気がして不安です。

では、どのようにすれば生ゴミに悩まされなくてすむのでしょうか。

【スポンサードリンク】

生ゴミを冷凍するメリット

生ゴミを家庭用の冷凍庫に入れて収集日まで保管するという方法があります。

生ゴミを冷凍してしまえば、これまで気にしていた臭いや虫など、いくつもの悩みが一気に解決します。

しかもとても簡単です。

生ゴミが出た時に、冷凍することで、ゴミになった瞬間に時間を止めることができます。
菌が繁殖して腐敗する前に凍らせてしまうわけですから臭いがしたり、虫が湧く心配はありません。

また、凍ったまま収集日に出す事で、水分も凍ってしまう訳ですから生ゴミを出すときの液漏れの心配もありません。

生ゴミを冷凍庫に入れるのには抵抗がある

このように、生ゴミを冷凍することでいくつもの悩みが解決するとは言っても、食品を保存している冷凍庫に一緒にゴミを入れるのは、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

生ゴミの冷凍保存を取り入れている方は、あくまで一時保管と割り切って、段ボールなどを使って仕切りやゴミの下敷きを作るなど工夫をしているようです。

また、生ゴミを冷凍していることを忘れないように、メモを張っておくことも大切です。

生ゴミを冷凍する方法

生ゴミを冷凍する方法として、衛生的さらに心理的にも「ゴミになる前に、まだ食品という感のある内に冷凍庫に移す」のがポイントです。

たとえば調理の際に出る野菜クズなどは、切って出たその時にビニールに入れて移してしまうとよいでしょう。

ゴミ出しの日ごとに庫内をアルコールなどでサッと拭くなど、まめに掃除することもお忘れなく。

また、どうしても冷凍庫に開いているスペースがあまりないという方は、肉や魚を優先して冷凍して野菜くずは水を切って、ゴミ箱内で保管すれば生ゴミの量を抑えることができます。

冷凍庫を上手に使える方法を見出して、生ゴミに対するストレスを少しでも軽減出来たらよいですね。

【スポンサードリンク】