生ゴミの処理の仕方でお困りの一人暮らしの方!

生ゴミの処理は、一人暮らしで生ゴミの量は少なくても、とくに暑くなってくると悩ましいですよね。

帰宅してドアを開けた瞬間、あの嫌な臭いが部屋中に充満していると疲れがどっと出る気がしませんか。

そこで今回は、「生ゴミの処理の仕方!一人暮らしのあなたに!」と題して、解決法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

一人暮らしの方に見直してほしい生ゴミ処理の仕方の基本

一人暮らしで、特に自炊をしている方、生ゴミのあの臭い嫌ですよね。

特にワンルームや1Kなど、コンパクトな間取りで生活している方は、一度臭い出すと食事中や寝るときにまで、気になってしまうこともあると思います。

ゴミをベランダなど外に出しているという方もいらっしゃると思いますが、コンパクトな一人暮らしの物件は隣との距離が近いので、きちんと処理をしていないと近隣トラブルに発展しかねません。

そんな厄介な生ゴミ処理の基本は、何と言っても”水をしっかりきること”です。

三角コーナーは便利ですが、生ゴミが濡れてしまうと臭いの元になってしまいますのでを気をつけて使いましょう。

野菜の皮をむくときには、先に皮をむいてから野菜を洗うようにすることで野菜が濡れるリスクを減らすことができます。

また、新聞紙やチラシなど、水をよく吸うものにくるんでから捨てると臭いを防ぐことができますよ。

水をしっかりきってからビニール袋などでしっかり密封して収集日まで保管するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

一人暮らしの人におススメな生ゴミ処理の仕方は冷凍?

手間が少なく、生ゴミを処理して保管できるのは”冷凍”です。

生ゴミが出たら、収集日まで冷凍してしまえば、臭いや嫌な水分が出てくることはありません。

神経質に水分を切らなくても良いですし、ゴミ箱を汚してしまう心配もないので、最も手軽です。

でも、一人暮らしの部屋はコンパクトなのが特徴。

冷蔵庫が小さくて、ゴミを入れる場所がないと言う人もいるかもしれません。

その場合は、他の方法を検討する必要があります。

一人暮らしの人におススメな生ゴミ処理の仕方は重曹!

水分をしっかりきるのがめんどくさい、上手くできないという一人暮らしの方は、生ゴミ処理に”重曹”を使ってみましょう!

重曹は、水分を吸ってくれますし消臭効果もあります。

三角コーナーに入れた生ゴミにそのままパラパラっと振りかけるだけで効果を感じることができるはずです。

これも手軽な方法ですね。

また、重曹は、掃除にも使えるアイテムなのでシンク周りを綺麗に保つためにも使えますよ。

生ゴミを保管しておくゴミ箱の中に、重曹を口の広い瓶などに入れて通気性の良い紙や布で蓋をした手作り消臭剤を入れておくと臭い予防になります。

一人暮らしの生ゴミ処理は、自分がやりやすい仕方を見つけよう

いかがでしたか?

一人暮らしの方におススメの生ゴミ処理の仕方は様々あります。

ちょっとした工夫で水気をきるのが億劫でない方もいると思いますし、冷凍庫に余裕がある方には、手軽な冷凍法がおススメです。

少し費用がかかるけど、重曹は掃除にも使えるのできれい好きさんには一石二鳥かもしれません。

自分にぴったりな生ゴミ処理の仕方を見つけて、一人暮らしの人を悩ませるあの嫌な臭いから解放されましょう!

【スポンサードリンク】