生ゴミ入りのゴミ箱を消臭するのに、重曹の力が役立つと聞いたことはありますか?

生ゴミは捨ててからもゴミ箱に臭いがついてしまうほど、強い臭い発するのでとても厄介ですよね。

そこで今回は、生ゴミ入りのゴミ箱を消臭するために頼りになる重曹のパワーや使い方をご紹介します。

生ゴミ入りのゴミ箱の消臭は重曹で決まり!です。

【スポンサードリンク】

生ゴミ入りのゴミ箱の消臭するのは重曹?

重曹は弱アルカリ性なので撃退してくれるのは酸性のものです。

アルカリ性の重曹が酸性の生ゴミの臭いを中和してくれるので消臭に抜群の効果を発揮してくれるんです。

生ゴミ入りのゴミ箱もそうですが、特に夏場に臭いが残りやすいシンクの三角コーナーの消臭にも役立ってくれますし、赤ちゃんのおむつや、ペットのシーツなどを入れるゴミ箱の臭いも撃退してくれます。

【スポンサードリンク】

生ゴミ入りのゴミ箱の消臭をする重曹パワー!

重曹は、消臭効果が高いだけでなく、ほかにもメリットがあります。

値段が安く、手軽に取り入れられる上、天然成分なので人と環境に優しくて赤ちゃんがいるお宅などでも安心して使うことができます。

また、消臭剤として使用した場合には、掃除に再利用することもできるんですよ。

このように良いことずくめの重曹。

では、生ゴミ入りのゴミ箱の消臭にはどんな風に使えばよいのでしょう?

生ゴミ入りのゴミ箱の消臭に重曹はどう使う?

一つは、粉状の重曹をそのまま生ゴミに振りかけて、生ゴミごと消臭するという方法です。

重曹を生ゴミに振りかけると、生ゴミから出る水気を吸ってくれるので一石二鳥です。

あの臭い液体がなくなると考えただけでも喜ばしいですよね。

もう一つは、重曹を口の広い瓶などの中に入れ、通気性の良い紙やストッキングなどの布で蓋をして、ゴミ箱の底に入れておくというやり方です。

ただ置くだけですが、これならだいたい二か月は消臭効果が続きます。

期待する消臭効果に合わせて、量を調整しましょう。

消臭剤としての役目が終わったら、掃除にも利用できますよ。

さらに、重曹を水で溶かして、消臭スプレーを作ることも。

重曹スプレーは、65℃以下のぬるま湯100ccに、小さじ一杯重曹を溶かせば完成です。

スプレーボトルに入れて使いましょう。

使い方は、ゴミ箱に直接吹きかけるだけ。

ゴミを捨てた後に毎回スプレーすれば、ゴミ箱にしみついてしまうあの嫌な臭いを消し去ることができます。

このように重曹は、様々な使い方があるので一番やりやすい方法を探してみて下さいね。

生ゴミ入りのゴミ箱の消臭だけでなく、重曹は臭いを消し去りたいときに強い味方になってくれます。

冷蔵庫・靴箱・まな板・カーペット等、様々なものを消臭したいときにも活躍してくれますよ。

重曹で生ゴミ入りのゴミ箱を消臭して、ストレス知らずに!

いかがでしたか?

重曹は、生ゴミ入りのゴミ箱の消臭の強い味方になってくれそうですね。

特に暑い時期には、臭いが気になってストレスを感じる生ゴミを入りゴミ箱。

重曹を上手に使って、臭いに悩まされないようにしたいものですね。

【スポンサードリンク】