アロエは昔から万能薬と言われていますよね。

アロエの効能は、火傷や怪我・傷などの外傷から、鎮痛剤や殺菌と多岐にわたります。

一家にひとつ、持っていたいですね。

たくさんの効能が期待出来るそんなアロエ、なんと虫刺されにも効能があるらしいのです!

知りませんでしたよね。

虫刺されにはムヒが有名ですが、万能で効くアロエも虫刺されに効果があるなら使わない手はないです。

それでは、アロエの虫刺されへの効能について、調べたことをもとに詳しく書いていきます。

最後まで読んでいただければ幸いです!

【スポンサードリンク】

アロエの効能とは?

それではまずはアロエの効能から見ていきましょう。

まずはアロエにはどんなものが含まれているか確認しますね。

アロエには、植物フェノール系成分 であるアロイン、多糖類系成分であるアロエマンナンやグルコン酸、その他の成分として、アロエチン・アロミチン・アミノ酸・ビタミン・ミネラル・植物ホルモン・葉緑素・サポニンなどが含まれています。

次に効能です。

植物フェノール系成分には、下剤・鎮静鎮痛・細菌繁殖阻止・酵素活性抑制などの効能があります。

次に多糖類系成分ですが、美肌・消化吸収・キズの治癒・血糖値降下・抗がん・強壮・消炎・細胞活性化・殺菌などの効果が期待出来る。

そしてその他の成分には、抗菌・抗カビ作用を持つアロエチン、解毒・抗がん作用を持つアロミチンなど。

アロエには実に多くの効能が期待できるのですね。

【スポンサードリンク】

アロエは虫刺されに効くのか?

それでは、アロエは本当に虫刺されに効くのか?調べてみました。

注目すべきはその他の成分として含まれている「アロエチン」です。

アロエチンには、刺激を軽減してかゆみや痛みを止める効果があるだけではなく、消炎・殺菌の作用もあり、毒素を中和する作用があります。

虫刺されはなかなかすぐに気づけないものですが、気づいたらすぐにアロエを塗ると効果てきめんなんです。

アロエチンがかゆみを止め、消炎・殺菌してくれるからです。

また、痛みをとめたり、毒素を中和する効果もあるため、ハチのような毒素の強い虫刺されの初期的な処置にも有効です。

ですが、スズメバチなど、毒素の強い虫に刺された場合は必ず病院に行ってください。

応急的な初期の処置としてアロエを使うのがいいです。

虫刺されなのかなんなのかよくわからない時には、副作用のまったくないアロエを塗っておけば大丈夫です。

まとめ

アロエの虫刺されへの効能について、調べたことを書いてきました。

アロエはやはり万能薬でした。

効能がたくさんあります。

そして、虫刺されも、蚊だけではなくハチの場合にも効果・効能があるということがわかりました。

虫刺されなのか、かぶれているだけなのか、できものなのか、よくわからないときにも、副作用のまったくないアロエを塗っておけば悪くなることはないでしょう。

虫刺されへの効能もある、万能薬アロエ。

一家にひとつ、用意しておくと便利ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【スポンサードリンク】