口を中を見ると、歯が黒い部分、虫歯になっているのを見つけた経験ありませんか?

歯が黒いと虫歯だけど、痛くないからとついそのままにしてしまいがちです。

でも歯が黒くて虫歯でも、痛くないなら放置しても大丈夫なのでしょうか?

歯医者に行くのも面倒だし、歯が痛くないなら別に構わないのでは?と思われがちです。

そこで今回は、虫歯で歯が黒いけど、痛くないから放置してもいいのか?、放置したらどうなるか?について検証していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

痛くないけど歯が黒いのは虫歯の場合

歯が黒いというと、すぐに虫歯ではないか?と思われがちです。

でも歯は痛くないし、そのまま放置しても大丈夫だろうと安易に考えたりしますよね。

歯が黒いけど痛みがないというケースは、歯である可能性があります。

歯の表面にはエナメル質という硬い組織があって、その奥に柔らかい象牙質が存在して更に奥に神経が走っています。

歯の中が黒くて、透けてみえるような場合は、象牙質に虫歯菌は入り込んで、内側で虫歯がどんどん広がっている状態かもしれません。

虫歯は歯の神経にまで到達しないと痛みが出ないので、痛みが出るころは既に虫歯がかなり進行していることになります。

更に奥歯などの歯の溝に黒い筋が入っているような状態や、歯の根元に黒い点々があるような状態は、表面的には異常がなくても、同じく象牙質が虫歯菌に侵されて
いる可能性が高いと言えます。

痛くないけど、歯の一部もしくは内部が黒いだけで外側から見ても異常がないように思われますが、虫歯が悪化している可能性があります。

中期以上の進行度の虫歯はそのまま放置するとやがて神経に到達し、痛みを感じるのも時間の問題だと言えます。

虫歯は歯科医が経過観察とするごく初期のもの以外、治療しないで自然に治ることはありません。

上記の症状に当てはまるようなら、できるだけ早めに歯医者を受診しましょう。

【スポンサードリンク】

歯が痛くなくて黒い原因が虫歯ではない場合

歯が痛くないけど黒い場合は、実はすべてが虫歯というわけではありません。

長年の歯の汚れが黄ばみとなって、更に時間が経過し黒ずみに変化したとも考えられます。

コーヒーやカレー赤ワインなど色素が濃い、歯に付着しやすい食材を食べ続けると歯が着色して黄ばんできます。

その黄ばみがやがて、ステインという物質変化し黒ずみの原因にもなるというわけです。

黒ずみは歯の内部というよりは表面が黒いのが特徴で、もちろん汚れなので痛くないと言えます。

しかし、外見上歯が黒いのは黒ずみなのか、虫歯なのか歯科医でも迷うことがあるようです。

黒ずみの場合は歯を削るなどの治療の必要はなく、希望すればホワイトイングケアを行うことで歯の白さを取り戻すこともできます。

ただ本当に虫歯だった場合は、内部で広がっていると神経の死滅を防ぐためにすぐに治療が必要となります。

痛くないけど歯が黒いのが気になるという場合は、手遅れにならないようにまずは歯科医で診察を受けて、汚れなのか虫歯なのかを判断してもらうことが大事だと言
えます。

【スポンサードリンク】