虫刺されで「水ぶくれ」ができてしまった場合、水ぶくれの痛い原因や治し方とは?

虫刺されで「水ぶくれ」ができてしまうことがありませんか?

またそんな時、痛い原因やかゆみの原因もよくわからずどのように対処したらいいのか迷ってしまったことはありませんか?

中には、気になったり触ってしまったりして水ぶくれを潰してしまった…という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな虫刺されでできる水ぶくれの痛い原因やその治し方についてご紹介しましょう。

【スポンサードリンク】

虫刺されで水ぶくれができる原因とは?~痛い原因と治し方

虫刺されで水ぶくれができてしまった経験はありませんか?

そのかゆみや痛い原因、治し方とはどのようなものでしょうか?

虫に刺されると、赤くなったりかゆくなってつい掻いてしまいますよね。

実はそのかゆみや痛い原因となるのが、虫の体液です。

虫の体液は肌に触れてしまうと、アレルギー反応を起こして、赤みやかゆみ、痛みの原因となります。

そして、そのアレルギー反応が強い人は水ぶくれとなってしまうのです。

また、虫刺されの部分を強く掻いてしまうと肌を傷つけてしまい、水ぶくれとなってしまうことがあります。

また、その水ぶくれを触って潰してしまうと、中の液が出てしまいますが、それを触った手で体のあちこちに触れると、次々と水ぶくれができてしまう「伝染性膿痂疹(とびひ)」を起こしてしまう可能性があります。

特に小さいお子さんは免疫が弱いためとびひになりやすいので注意が必要です。

また、小さいお子さんは虫刺されの後にアレルギー反応を起こして赤い発疹と強いかゆみを伴う「小児ストロフルス」という病気になりやすく、その際水ぶくれもできてしまうこともあります。

その場合の治し方として、速やかに皮膚科を受診することが大切です。

【スポンサードリンク】

虫刺されでできる水ぶくれの治し方は?~痛い原因と治し方

虫刺されで水ぶくれができてしまった場合の治し方とは?

虫刺されで水ぶくれができてしまったら、速やかに対処することが大切です。軽度の場合の治し方としては…

①水ぶくれを潰さない

②患部を冷やしてかゆみを抑える

③虫刺され用のかゆみ止めの薬をぬる

④触わらないようにガーゼなどで保護をする

といった処置を行って、痛い原因やかゆみを抑えてこれ以上悪化しないようにしましょう。

また、水ぶくれを潰してしまった場合は、

①飛び出てしまった液をふき取る

水で洗い流す

消毒する

④虫刺され用のかゆみ止めの薬をぬる

といった処置を速やかに行いましょう。

虫刺されの状態がひどい場合の治し方は、皮膚科を受診して、ステロイド抗生剤抗ヒスタミン剤による治療を受けましょう。

虫刺されで水ぶくれができた時は早めに対処しよう~痛い原因と治し方

虫刺されで水ぶくれができたり、かゆみや痛みがあったりするとつい気になって触ったり、掻いたりしてしまいますよね。

そんなかゆみや痛い原因を解消するためにも早めに処置をして、時には受診をして悪化させないような治し方がポイントです。

特に小さいお子さんは感染の恐れもありますので、虫刺されでできた水ぶくれの部分を触ったりしないようにガーゼや絆創膏で覆う工夫も必要です。

虫刺されのかゆみや痛い原因の治し方としては、放置すると悪化する場合があるので、早めに対処しましょう。

【スポンサードリンク】