虫歯の痛み、嫌ですよね。

徐々に痛みだす場合だけでなく、突然激しい痛みに襲われることも少なくありません。

原因が虫歯だとわかっていても、例えば仕事中だったり、病院がしまっている時間では治療に行くことはできません。

でも、痛みが我慢できない。

少しでも虫歯の痛みを和らげたい。

そんな時はどうしたらいいのでしょう。

自分でできる虫歯の痛みを和らげる方法を調べてみました。

【スポンサードリンク】

自宅で簡単にできる応急処置方法

突然痛み出した虫歯の痛みを和らげるにはいくつか方法があります。

まず簡単にできるのが、患部を冷やすことです。

外側から、袋に入れた氷や保冷材などを押し当て、冷やします。

直接氷を口に含んで、虫歯が痛いところを冷やすのも効果的です。

冷やして少し痛みが和らいだら、虫歯のあるところ周辺を清潔にすることも効果があります。

食べかすや歯垢には、虫歯菌が寄ってくるので、それをなくすためです。

しかし、虫歯をゴシゴシこするなどはかえって痛みを増すので気を付けてください。

冷やしたり、患部を清潔にしても痛む場合は、薬に頼りましょう。

歯痛にも効くとされている鎮痛剤、例えばバファリンやロキソニンなどがあります。

これらの薬は歯痛だけに効くものではないため、他の個所の痛みも和らげる可能性もあります。

そのあたりに注意して服用することが大事です。

鎮痛剤ではなく、虫歯に直接塗ったり詰めたりすることで痛みを和らげる方法もあります。

虫歯に塗ると、わずか2分で痛みが消える、と言われて昔から知られているのが今治水です。

綿棒に含ませ、虫歯に塗ります。

詰めると言えば、こちらも昔ながらの正露丸です。

虫歯の部分に正露丸を詰めると痛みが和らぎます。

他には、ツボを押すという方法もあります。

巨りょう(こりょう)と言って、ほお骨の一番高いところのすぐ下にあるツボです。

ここを指で少し強めに刺激すると、虫歯の痛みを和らげる効果があると言われています。

【スポンサードリンク】

虫歯の痛みを和らげるのに絶対にやってはいけないこともある!!

いくつか虫歯の痛みを和らげる方法を挙げましたが、逆にやってはいけないこともいくつかあるので紹介します。

ます、温かい湯船につかるのは厳禁です。

痛みを紛らわそうと、リラックス目的で湯船につかるのは一見いい方法に思えますが、これは血流が良くなりかえって虫歯の痛みを酷くしてしまいます。

また、こちらも痛みを紛らわせようとしてついやってしまいそうですが、アルコールを摂取することも厳禁です。

これも湯船につかるのと同じで、お酒を飲むと血流が良くなり痛みが増すからです。

運動などをして体温を上げるのもよくないですね。

虫歯が痛い時は、温めることは避けたほうがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

虫歯が痛みだしてもすぐには治療ができない場合の応急処置方法をまとめてみました。

少しでも痛みが和らぐ方法や、一瞬で痛みを和らげる方法もありました。

しかし忘れてはいけないことは、虫歯は自然治癒はしないということです。

痛みを和らげることができても、それは一時的なものであって、虫歯が治るわけではありません。

歯医者に行くのが怖いからと、応急処置でごまかし続けても、最終的には治療しなければならないことを覚えていてください。

虫歯が痛くなったら、早めに歯医者に行きましょう。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】