麦茶の効能は?そして、ダイエット効果はあるのでしょうか?

麦茶といえば、夏の定番の飲み物ですよね。

飲みやすいので、小さい子どもからお年寄りまで幅広い年代の方が飲んでいます。

そんな夏に飲むイメージがある麦茶ですが、実はすごい効能があるってご存知でしたか?

そしてダイエット効果も気になるところ。

そこで今回は、麦茶の効能やダイエット効果について見てみましょう!

【スポンサードリンク】

麦茶とは?麦茶の効果や効能、ダイエットについて。

そもそも麦茶とは六条大麦を炒って煮出した飲み物で、実は平安時代から「麦湯」と呼ばれ飲まれていたそうなんです。

大麦は夏に収穫されるので、夏=麦茶というイメージがついたそう。

昭和40年代ごろから全国的に飲まれるようになったようです。

そんな麦茶ですが、どのような効果や効能があるのでしょうか?

また、ダイエット効果はあるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

麦茶の効果や効能とは?ダイエットに良い?

①血流を改善し、血圧を下げる

まず、麦茶には血流を良くする効果があります。

香り成分の「アルキルピラジン」は血流改善効果があり、香り成分によってリラックス効果も得られます。

また、「ギャバ」はコレステロールや中性脂肪を抑える働きがあるので、血液をサラサラにしてくれるほか、腎臓の働きを良くする利尿作用があるのでむくみの改善血圧降下作用もあるのです。

また、カリウムも豊富なため、塩分を排出させ血圧を下げる効果があります。

②体の老化を予防

私たちは日々老化していますが、その老化やガンの原因である活性酸素を抑える「Pクマル酸」が麦茶には含まれています。

これは、発がん性物質であるニトロソアミンの生成を抑えるため体の酸化を防ぎ、ガン予防になるのです。

③胃の炎症を抑える

麦茶には、胃の粘膜を保護し炎症を抑える効果があり、糖尿病の合併症を防ぐ働きもあります。

また、タンニンやカフェインが含まれていないため、胃に優しいのです。

④ミネラル類が豊富

麦茶には、ミネラル類が豊富に含まれているため、生活習慣病予防に効果的です。

また100mlあたり1kcalというノンカロリーなのも魅力です。

⑤体を冷やす

麦茶には、体温を下げる効果があるので夏の熱中症対策におすすめです。

暑い日には、体の体温を下げつつ、水分とミネラル補給できる麦茶はもってこいです。

⑥虫歯を防ぐ

なんと麦茶には虫歯の原因になる「ミュータンス菌」の働きを阻止する効能があるんです。

なので、麦茶を飲むことによって、口の中の虫歯菌も抑えることができます。

このように麦茶にはさまざまな効果や効能がありますが、実は麦茶自体には脂肪を燃焼させるような直接的なダイエット効果はありません。

しかし、ノンカロリーノンカフェインということや、麦茶特有のデトックス作用により、体の代謝が良くなりダイエット効果が生まれるというわけです。

麦茶の効能でダイエット!効果的な飲み方とは?

麦茶の効果や効能を見てきましたが、ダイエットに効果的な飲み方はあるのでしょうか?

ここで注意しなければならないのが、「体を冷やす」という作用。

体を冷やしてしまうと十分なダイエット効果にはつながりませんので、常温温かい麦茶を飲むほうが良いでしょう。

さらに、より効果や効能を得られるために温かい麦茶に生姜を入れるのもオススメです。

また、ダイエット目的で飲むためには、1日1.5ℓを目安に飲みましょう。

コップ一杯分を睡眠前・起床後・トイレの後に飲むようにすると良いでしょう。

3か月で2キロ減という方もいるようなので、一度試してみては?

皆さんも栄養満点の麦茶を飲んで、健康維持やダイエットにトライしてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】