「麦茶にアレルギー反応を示す人っているの?」

「麦茶でアレルギーが出た時の症状と注意点は?」

麦茶は多くの人に愛される、夏の定番の飲み物です。

麦茶は、赤ちゃんからお年寄りまで、安心して美味しく飲める飲み物というイメージがありますが、場合によってはアレルギーの症状が出てしまうこともあるためいくつか注意点があります。

何も知らずに麦茶を飲もうとすると、後々後悔することも…

それでは、麦茶がアレルギーの方に出る症状とその注意点について調べたことを書いていきますね。

読んでいただけると幸いです。

【スポンサードリンク】

麦茶でアレルギーが出る原因

麦茶でアレルギーが出るなんてイメージがないですよね。

麦茶の原料は「大麦」です。

この大麦は、昔から日本人の生活に寄り添いサポートしてきた食品です。

今でも、醤油や味噌、ビールなどに使われ大変重宝しています。

小麦アレルギーはよく聞きますが、稀に、この大麦にもアレルギー反応を示す方がいるのです。

麦茶でアレルギーが出る原因は、「大麦」です。

アレルギー自体、まだまだ謎が多い病気で、その深い原因が解明されていないことが多い分野。

とにかく、もし麦茶を飲んだ時に口の中に違和感を感じたり、体調不良を起こしたら、大麦アレルギーの可能性があります。

【スポンサードリンク】

麦茶でアレルギーが出た時の症状は?

では、麦茶でアレルギー反応が出た時の症状はどんなものがあるのでしょうか?

麦茶アレルギーの可能性がある症状は3つあります。それは、

1.のどのつかえ、違和感
2.頭痛や吐き気、脱力感など
3.下痢や軟便に関係した腹痛

です。

ただ、医学的に断定されているわけではなく、素人には判断が難しいもの。

特に「麦茶でアレルギーが出るはずがない」という先入観もあるので、気づくのはかなり難しいです。

ただ、麦茶を飲むと決まって上の3つの症状が出るということであれば、麦茶アレルギーの症状である可能性が高いです。

まずは麦茶を飲む量を控えて様子を見ることが大切です。

麦茶アレルギーが出た時の注意点

麦茶アレルギーかもしれないと思った時の注意点があります。

それは、「花粉症になるかもしれない」ということ。

イネ科アレルギーは小麦が一般的ですが、大麦も同じくイネ科です。

大麦アレルギーを持っている方が気にせずに麦茶を摂取し続けていると、摂取量によってはイネ科花粉症にかかってしまうことも。

この注意点からもわかる通り、麦茶を飲んで違和感を感じるようなことがある場合は原因をはっきりさせておいた方が良いでしょう。

まずお医者さんに行って大麦アレルギーかどうかを検査ではっきりさせましょう。

もし大麦アレルギーの場合、麦茶を摂取しすぎると花粉症にかかる可能性も出てくる、というのが注意点となります。

まとめ

麦茶アレルギーかもしれない…と思った時に把握しておきたい症状と注意点について書いてきました。

麦茶でアレルギーが起こるなんて聞いたことない!という方は、もう先入観の塊ですので、注意点をよく理解し症状を敏感に察知しましょう。

誰にでも優しい麦茶がアレルギーを引き起こすことがある…というのを知っているだけで、もしかしたら周囲の人の助けになるかもしれません。

特に子どもが麦茶を飲んで不調を訴えるような時は、注意点を把握し、症状をよく観察してあげてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】