マウスといえば無線タイプと有線タイプがあります。

どっちも様々なタイプが発売されていますが、マウスと無線にするか有線にするかは悩みどころですよね。

どっちもメリットがあって、どちらかがおすすめ…といういうのも難しいものです。

今回は無線・有線のマウスのおすすめポイントをお伝えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

どっちのマウスがおすすめ?~有線編~

有線マウスのおすすめできるポイントはやはり電池がいらないところ。

無線マウスは電池がいるため、その分重くなったり電池が切れる度に交換する必要があります。

しかし有線マウスはその手間が省けるうえに、電池が無い分マウスが軽くなって動かしやすくなります。

だから有線マウスは長時間使っても手が疲れにくくなっているので、長時間の作業を使う際にはおすすめです。

またこれはどっちのタイプでも性能による部分であったり、体感によるものが大きいですが、有線マウスの方が実際の操作と画面上の操作のラグが少ないともいわれています。

無線マウスは電波でつながっているため、ラグが発生することがあり、ゲームをやっている人にとっては致命的な操作ミスにつながることがあります。

一方で有線マウスはラグが少ないので、そのようなミスが減るでしょう。

しかし有線マウスはコードが他のコードと絡まって面倒なことになるケースがあります。

私もよくコードが絡まってマウスが落ちたり、デスクの上の小物を落としたりします(笑)。

デスクの上に物を多く置く人には有線マウスはあまりおすすめできないかもしれませんね。

どっちかというと広いデスクを使っているなど、パソコン周辺のスペースが大きい人は有線マウスを使った方がいいかもしれません。

【スポンサードリンク】

どっちがおすすめのマウス?~無線編~

無線タイプのマウスのおすすめはやはり「稼働範囲の広さ」です。

有線タイプのマウスはどうしても作業スペースがコードの範囲内に限られ、コードが絡まるなどして使いづらくなる可能性があります。

しかし無線タイプはコードがなく、電波の届く範囲であればどこでも作業ができます。

おまけにコードがないので他の物に影響しません。

パソコンの見た目を気にする人はかさばるコードがなくなるので見た目がスッキリし、おしゃれな感じにもなります。

どっちかというとMacのようなスタイリッシュなパソコンのマウスは有線タイプじゃない方が映えますよね(笑)

一方で無線タイプは電池やバッテリーを使うため、エネルギーが減ると充電したり、電池を交換する必要があります。

電池やバッテリーを内蔵している分、マウスの重さも増しますので長時間使用すると疲れてしまうことも。

さらに無線タイプのマウスは電波でつながっているので、作業にラグが発生したり、使う場所によってはつながりにくくなることがあります。

私も無線タイプのマウスを使っていた時は、使う場所によって使いにくくなることがありました。

どっちかというと無線タイプはパソコンの作業スペースが狭い人に向いているかもしれません。

またゲーム機用のマウスとしてもおすすめですね。

ゲーム機はそもそもコードが多いので、マウスの分のコードを減らすだけですっきりします。

最後に

無線・有線マウスのそれぞれのおすすめポイントをお伝えしましたがいかがでしたか?

どっちのマウスにもメリット、デメリットがありますが、使う場所の環境によって使い分けるのもいいかもしれません。

無線・有線、どっちのマウスも使い心地は個人の体感によりますが、稼働範囲は作業スペースに影響されます。

ちなみに個人的なおすすめを挙げるなら手間が少ない有線タイプです(笑)。

【スポンサードリンク】