もち麦といえばダイエットしたい人や健康的な食事を取りたい人が好んで食べるもの。

実際「体にいい」って評判ですよね。

しかしもち麦の実際の糖質やカロリーはどれくらいなのでしょうか?

もち麦の糖質やカロリーの正確な数値を知らなければダイエット効果がなくなってしまうかも…。

今回はもち麦の糖質・カロリーがどれくらいなのか、どんな食べ方いいのかについてお伝えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

もち麦の糖質・カロリーはどれくらい?

もち麦の糖質やカロリーはどれくらいなのでしょうか?

もち麦の茶碗一杯分(150g)の糖質やカロリーは以下の通りです。

糖質:97.8g

カロリー:198㎉

白米の茶碗一杯のカロリーが250㎉なのでカロリーはやや少なめになっています。

対してもち麦の糖質は結構高めなのです。

だからもち麦は糖質制限ダイエットには向いていません。

糖質を気にしている人はもち麦をあまり食べない方がいいでしょう。

どちらかというともち麦はカロリーベースのダイエットに向いています。

またもち麦は食物繊維やカリウム、カルシウム、マグネシウムβ-グルカンなどの栄養分も豊富です。

しかももち麦の食物繊維は水溶性であり、便秘対策だけでなくコレステロールや脂肪の吸収も和らげてくれます。

いうなれば体の中からダイエットに適した体を作ってくれるんですね。

どれくらい食べるか、量によりますがもち麦を食べること自体はダイエットに適しているといえるでしょう。

しかし糖質制限ダイエットには向いていないので、自分がどんなダイエットにするのかちゃんと確認してから食べるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

もち麦の正しい食べ方

もち麦はどれくらい食べるかによって効果が変わってきます。

しかしいきなりもち麦をたくさん食べるのはキツイので、食べる量は徐々に増やしていきましょう。

まずは白米ともち麦を10:1の量で作り、慣れてきたら1:1の量にするのがおすすめです。

もち麦を炊く時は通常の2倍の量の水で炊くようにしましょう。

どれくらい水を入れるかの調整が面倒な時はもち麦だけを先にゆでてしまい、後から炊いた白米と混ぜる方法もありです。

また、もち麦は国内産がおすすめです。

海外産のもち麦は皮が厚く、水分の吸収効率が悪いので最初に1時間ばかり水にひたしておく必要があります。

糖質・カロリーといった栄養分はあまり差がないので、手間がかかるのが苦手な人は国内産が合っているでしょう。

もち麦は基本的にカロリーの調整で使うものですが、気に入ったらもち麦だけを食べるのもいいでしょう。

糖質に関しては白米と変わりませんが、食物繊維などの栄養素は白米より豊富なのでより健康的な食生活になりますよ。

最後に

もち麦の糖質・カロリーがどれくらいか、おすすめの食べ方はわかっていただけたでしょうか?

もち麦の糖質が高いのは意外でしたね。

カロリーこそ白米より少ないですが、糖質制限ダイエットにもち麦は向いていないことがわかります。

どれくらい食べるかはその人の自由ですが、自分の体の事情に合わせた量を食べるようにしましょう!

【スポンサードリンク】