皆さんはお餅の消化についてどんなイメージがありますか?

お餅はお腹にたまるので、消化に時間がかかる気がしませんか?

実際、お餅が消化するにはどれくらい時間がかかるのでしょうか。

また、お餅は胃腸炎の時などにも食べていいのでしょうか。

お餅が消化するまでの時間や、胃腸炎の時にも食べていいのか調べてみました。

【スポンサードリンク】

お餅は消化に時間がかかる?

お正月などにたくさんお餅を食べると、凄くお腹がいっぱいになりませんか?

お餅は腹持ちがいいともいわれていますよね。

ということは、お餅は消化しにくい食べ物なのでしょうか。

実は、お餅は消化がいい食べ物なんです。

意外に感じる方も多いのではないでしょうか。

お餅の原料は、もち米です。

もち米は主にでんぷんでできていて、でんぷんは非常に消化のいい炭水化物なのです。

ですので、お餅も消化のいい食べ物ということになります。

消化するのに時間はかからないのですね。

しかし注意点もあります。

熱い状態のお餅は消化がいいのですが、でんぷんは冷えるとβでんぷんと言って固く消化の悪い状態に戻ってしまいます。

ですので、冷えたお餅は消化が悪くなることを覚えておくといいでしょう。

まとめると、熱いお餅は消化に時間はかからず、冷えたお餅は消化に時間がかかるということです。

【スポンサードリンク】

胃腸炎の時はお餅を食べないほうがいいの?

腹持ちの良さや、消化が悪そうというイメージから、胃腸炎の時に進んでお餅を食べる人は少ないと思います。

しかし先ほども書いたように、お餅は消化に時間はかかりません。

ということは、胃腸が弱っているときでもお餅を食べていいということになります。

でも、胃腸炎などの時にはおかゆなどを食べるのが定番ですよね。

これは胃腸に優しく消化もいいように感じるためですね。

実際おかゆとお餅を比べても消化時間は同じくらいですので、胃腸への負担は変わらないということになります。

それでも胃腸炎の時に進んでお餅を食べないのは、しっかり嚙まなければいけないということが関係しているのでしょう。

胃腸炎などの時に固形物をしっかり噛んで食べるよりさらさら食べられるおかゆなどが食べやすいということですね。

食べやすささえ考えなければ、お餅もおかゆと消化時間は変わらないことを覚えておくといいですね。

ちなみにお餅は、カロリーも高くエネルギーをとりやすいです。

お米とお餅、同じ量を食べても、得られるエネルギーはお餅のほうが多いです。

なので、食べるのが平気なら、同じ量でもお餅のほうがたくさんエネルギーを得られるので、はやく元気になるにはお餅もいいのかもしれません。

食べ過ぎると便秘になる??

消化も早いのに、お餅がお腹にたまる気がするのはなぜでしょう。

そして、たくさん食べると便秘になる人もいるのではないでしょうか。

これは、食べ方に問題があると言われています。

お正月などにたくさんお餅を食べる際、焼きもちなどお餅だけを食べることも多くなりますよね。

こういう食べ方をすると、お腹の中は炭水化物のみになり、水分や食物繊維が足りず、便秘がちになります。

食べ過ぎて便秘になるわけでなく、水分や食物繊維を一緒にとれば便秘にはなりません。

覚えておくといいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お餅は消化に時間がかからないことがわかりました。

胃腸炎の時でも、お餅を食べていいこともわかりましたね。

一緒に水分と食物繊維をとることを心がけて食べると便秘にもなりません。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】