耳垢が黄色くて湿ってる、そして臭い!

耳掃除をしていて、自分の耳垢の状態にびっくりすることありませんか?

耳垢が黄色いのは比較的よく目にするかもしれません。

しかし、耳垢が湿ってる状態や更に臭いと何か耳の病気なのかな?と心配になるものです。

そこで今回は耳垢が湿ってる、黄色くて臭い原因と対処法について紹介します。

【スポンサードリンク】

耳垢が黄色くて湿ってる&臭い原因

耳垢が臭くて黄色い、湿ってるのはアポクリン腺という汗腺が原因の一つだと考えられます。

アポクリン腺から出る汗自体は無臭ですが、皮脂やたんぱく質などが含まれており白っぽくと粘り気があります。

耳の中にあるアポクリン腺が、人より多いと分泌される汗の量も増えて耳垢が湿ってる状態になります。

更に汗の中の皮脂やたんぱく質が皮膚の常在菌によって分解されると、つーんとする臭いが発生し、色も白から黄色に変色するのです。

アポクリン腺の数は生まれた時に決まっているので、人より多いケースは遺伝によるものだと考えられています。

また、湿ってる黄色くて臭い耳垢は食生活の乱れによっても引き起こされます。

アポクリン腺の数が多くなくても、脂肪分や油分の多い食事をしているとアポクリン腺から分泌される汗に含まれる、常在菌のエサである皮脂やたんぱく質が増えます。

その結果、常在菌が繁殖するので黄色くて湿ってる、そして臭い耳垢ができてしまうのです。

【スポンサードリンク】

黄色くて湿ってる&臭い耳垢の対処法

耳垢が黄色くて湿ってる、そして臭い原因はアポクリン腺の数の多さにあります。

しかし、脇などと違って耳の中なので、アポクリン腺を取り除く手術などは物理的に無理です。

根本的に治療することは難しいですが、耳垢の状態を改善することはある程度可能です。

まず、食生活を見直して脂分を多く含む食べ物を控えましょう。

耳垢の臭いや湿り気の原因となる、汗に含まれる脂質やたんぱく質などはビタミンB2やB6などによって分解され、体外に排出されたりエネルギーとして消費されます。

そのため、ビタミンB2を多く含むうなぎやサバ、卵や納豆、ビタミンB6を多く含む鳥ささみやバナナなどの食品をバランスよく食事に取り入れるようにしましょう。

更にイヤホンや耳栓などで耳穴をふさぐと、耳穴の通気性が悪くなって湿ってる状態を作り出し臭い黄色の耳垢の原因ともなります。

できるだけ耳の風通しを良くし、お風呂あがりは髪を乾かすついでに耳穴も乾燥させたり、耳穴の入り口付近に綿棒を当てて、水分をふき取っておきましょう。

そして髪の毛が耳を覆った状態だと、耳穴が蒸れやすいので、短くカットしたり結んだりして耳を出すようなヘアスタイルがおすすめです。

最後に

黄色くて湿ってる、臭い耳垢はアポクリン腺から出る汗や偏った食生活が主な原因といえます。

しかし、、他にも耳の奥がつーんと痛かったり、鼻水が止まらないなどの症状があれば中耳炎など耳の病気の可能性もあります。

あてはまる症状があれば放置しないで、できるだけ早めに耳鼻科を受診することをおすすめします。

【スポンサードリンク】