子供の耳垢が大きい原因は何?もしかしたら病気かな?

こんなに大きな耳垢は大人からは出てくることはないし、病気か何か原因があるのではないかと心配になると思います。

今回は子供にみられる耳垢が大きいという症状について調べてみました。子供の耳垢掃除についても一緒に調べてみましたので参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

子供の耳垢が大きい原因とは?

耳垢とはどうして出来るのでしょう?

ここでは耳垢が出来る原因を辿っていきたいと思います。

耳垢とは耳の中で古くなった皮膚や皮脂などの分泌物が新陳代謝によって剥がれ落ち、外部から入ってくるホコリなどど合わさることによって出来ます。

耳垢がカサカサと乾燥しているタイプとベトベトしているタイプがあり、分泌物の出る量などで個人差があります。日本人は比較的カサカサタイプが約6割と多いそうです。カサカサタイプもベトベトタイプも子供に見られます。

子供や赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が活発です。

なので子供は大人より比較的耳垢がたまりやすいと言われています。

また、子供でも新生児のような赤ちゃんの場合、お母さんのお腹にいた時の羊水が耳の中に残っていて、それが耳垢となって出て来ることもあるそうです。

子供が大人より耳垢が大きくなる原因はそこにあったんですね。

【スポンサードリンク】

子供の耳垢が原因でなる病気はあるの?

子供の耳垢が大きい原因はわかったけれど、耳垢が原因で起きる病気はあるのでしょうか?

そもそも耳垢には役割があります。それは耳垢の性質にありますが、耳垢は耳の中を保護するという働きを持っているのです。

耳垢は酸性であり、耳垢の成分には抗菌や抗真菌作用が含まれていると言われています。

また、耳垢の成分の苦みや臭いは虫が嫌うと言われていて、耳に虫などが侵入するのを防ぐ役割もあるそうです!

耳垢は取らずに放っておいても自然と排出されますが、耳の中で耳垢が大きくなりすぎて固まり、耳を塞いでしまうことがあり、

これを「耳垢栓塞」(じこうせんそく)と言います。

子供の耳垢掃除をしばらくしておらず、聞こえ辛そうだったり、耳の中が痒そうだったりしたらもしかしたら耳垢栓塞かもしれません。

治療は耳垢を取り除くことです。小さな子供は動いてしまったり、耳の穴も小さいので大きな耳垢を無理に取り除こうとすると耳の中を傷つけてしまうかもしれません。

耳鼻科に行って耳垢を取ってもらうことをオススメします。

子供の耳垢掃除

先ほども述べたように耳垢は自然と排出されるものです。

ですので子供の耳垢掃除は1ヶ月に2回程度でよいとされています。

耳垢を取り過ぎてしまうと耳の中を守ろうとして、より多くの耳垢が生成されてしまいます。

また、行き過ぎた耳垢掃除で耳の中が傷ついたりすることは外耳炎などの病気の原因にもなります。

カサカサタイプもベトベトタイプも子供の耳垢掃除は安全の為に綿棒で耳の中を入り口から1センチほど、見える範囲をするようにしてください。

また、子供の耳垢が大きくて取り辛い時や耳の中が良く見えない時は耳鼻科に行って取ってもらいましょう。

まとめ

子供の耳垢掃除をして大きな耳垢が出てきて病気か疑うことは、小さなお子さんを持つ親御さんなら大体経験されることでしょう。

今回、子供の耳垢が大きい原因や病気のこと、耳垢掃除についてなどをまとめさせていただきましたが、ご紹介した以外にも考えられる症状などがあるかもしれません。

ご自分で判断せずに耳鼻科の先生に見てもらうことも大切だと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】