目上の方にメールを送る際のマナーって難しいですよね。

敬語の使い方などもそうなんですが、メールの終わり方についてどんな文で締めればいいのか、よく分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな目上の方に対して送るメールの終わり方について、どう書けば失礼のない内容になるのかをご紹介していきます!

【スポンサードリンク】

目上の方に対して送るメールでは終わり方が重要

ビジネスの場で送るメール、特に目上の方に送るメールでは、件名や文頭の挨拶などと同じくらい、文末の終わり方も重要です。

メールの終わり方はそのメールの内容や送る相手との間柄によっても変わってきますので、適宜適切な内容の終わり方を考えないといけません。

特に、メールが目上の方に対して何かお願いをしているような内容なら終わり方には特に注意が必要です。

書き方によってはくどくなったり、相手の受け取られ方が失礼に感じてしまうこともありますので、しっかりと適切なメールの終わり方を覚えておきましょう!

【スポンサードリンク】

目上の方に対するメールは丁寧ないい回しが必要

目上の方に対してメールを送る際、終わり方についても普段は使用しないような丁寧な言い回しが必要になってきます。

例えば、接頭語的に「恐縮ですが」「恐れ入りますが」などを付ければより丁寧な印象を与えられますので、お願いをする時などは使用しやすいでしょう。

その他にも、返信が欲しい場合には「ご連絡をお待ちしております」のような言葉を使用したり、何か教えてほしい時には「ご教示願えれば幸いです」などの言葉を用いれば、横柄な印象を与えることなく相手にすんなりとお願いできるのではないでしょうか。

このように、目上の方に対して送るメールの終わり方はやや独特な言葉もあり、普段使い慣れない言葉もあります。

意味を履き違えて、内容にそぐわない終わり方をしてしまっては逆効果ですから、しっかりと内容と使うべき場面を理解して、使い分けるようにしてくださいね。

目上の方に送るメールの終わり方例文集

目上の方に送るメールの終わり方について、内容別に例文をいくつか載せておこうと思います。

・基本

「今後ともよろしくお願いいたします。」

基本の形としてはこれでも問題ありません。

特別な内容を終わりで使う必要がない場合はこれで締めておくといいでしょう。

・お詫び

「重ねてお詫び申し上げます。」

「ご期待に沿えず、申し訳ありませんでした。」

などの言葉を使用しましょう。

お詫びのメールは特に言葉選びがシビアなので、終わり方に限らず間違いのない言葉を使用するようにしましょう。

・提案

「ぜひご検討くださいますよう、お願い申し上げます。」

「ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。」

こちらから何か提案をするような内容のメールでは、検討してくださいという内容を丁寧な言葉で伝えるとよいでしょう。

連絡が欲しい旨も一緒に伝えておいてもよいかもしれませんね。

最後に

目上の方に対して送るメールの終わり方についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

終わり良ければすべて良し、とも言うように、文末の言葉はメール全体の印象を左右するほど大事なものです。

内容に合った適切な終わり方を使用して、相手に失礼のないメールの書き方を覚えておきましょう。

【スポンサードリンク】