マーガリンの危険説がネットで浮上しているようです。

マーガリンは摂りすぎると様々な病気を引き起こす元となるようですが、それは本当なのでしょうか?

今日はマーガリンがなぜ今危険視されているか、マーガリンによって引き起こされる病気を検証しながら、マーガリンが本当に危険な食べ物か否かを追求してみました。

是非参考にしてください。

【スポンサードリンク】

マーガリンが危険なのは本当?

一般的な植物油は酸化しやすく、品質が早く落ちることから、植物油を含む食物が長持ちしないという性質を持っているのに対し、マーガリンは日持ちをするように加工されているので、バターに代わる個体の植物油脂として、パンやお菓子つくりになくてはならない油となっているようです。

マーガリンは化学処理によって水素が添加され、トランス型脂肪酸に変化し、それまで不安定だった原子構造がきれいに配列され、安定した構造となったことから、常温でも形を保ち保存性が高くなるという性質を持っています。

マーガリンがネットで危険視され、マーガリンはプラスチックと噂されるようになったのは、バターとマーガリンを外に放置し、それぞれ過程を見るという実験からで、バターにはアリやゴキブリが寄ってきたのに対し、マーガリンはアリ一匹も寄せ付けなかったという結果が出ました。

この実験から、マーガリンが危険視されるようになり、ネットでマーガリンを食べるのは危険だという結論になってきたのですが、マーガリンが本当に危険な食べ物として扱われるべきなのでしょうか?

食品として売られていう以上、ある程度の安全基準をクリアしているはずで、本当に危険ということではないのです。

【スポンサードリンク】

日本人はマーガリンをそれほどまでに使っていない

アメリカではすでにマーガリンの使用を規制する法令によってトランス型脂肪酸の使用は禁止されているようです。

しかし統計では日本人のマーガリン摂取量は欧米をはるかに下回り、食パンにマーガリンをたっぷり塗って食べるという習慣は日本にはないことから、それほどまでに危険視することはないというのが現状だと言えます。

マーガリンは病気を引き起こす

しかしながらマーガリンを大量に使う食生活になると、やはり病気の原因になるようです。

マーガリンはいろいろな食品に使われていることから、家庭で使うマーガリン以外にも食品表示などをみて判断する必要がありそうです。

アメリカでの研究ではマーガリンの摂り過ぎは心筋梗塞のリスクを高めるという結果が出ています。

ほか動脈硬化が進み、脳への血流が減って認知症になるという研究結果が出ていますので、マーガリンの摂り過ぎによって病気になるリスクは考えられるべきものなのです。

最後に

いかがでしたか。

マーガリンは大量に摂るとやはり健康の害になるようです。

ほかの国では使用禁止とされている油ですが、日本人の普段の食生活を考慮すると、これからも量を間違えなければ使用は可能だということがわかりました。

是非今後の参考にしてください。

【スポンサードリンク】