ダニは家の中にも外にも存在しますが、中でもマダニは厄介な存在です。

マダニはほかのダニと違って、動物の血を餌としています。

人間が噛まれると、最悪は死に至る場合もあるほど毒性の強いダニです。

部屋や庭にいるマダニを駆除しないと大変なことになりますね。

では、部屋の中や庭にいるマダニを駆除するにはどうしたらいいのでしょうか。

調べてみました。

【スポンサードリンク】

マダニに噛まれると危険!!

マダニの別名をご存知ですか?

ずばり「殺人ダニ」です。

マダニに噛まれると、マダニが持っているウイルスに感染してしまいます。

このウイルスに対する薬がまだないため、重症化すると死に至ることもある怖いウイルスです。

ですので、マダニに噛まれないように注意しなければなりません。

危険なマダニを駆除する方法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

ペットにマダニがいる場合もあるので注意しよう

先に書いたように、マダニは、動物の血液を吸って生きています。

ですので、ペットで犬や猫を飼っている家庭は注意が必要です。

散歩しているときなどに、犬などにマダニが付着して家に帰り、部屋にマダニを運んでしまうことがあります。

こうなると人間にも危険が及びますので対策が必要です。

ペット用のマダニ対策の薬は市販されていますので、ご自分のペットにあった薬を探して対策してあげてください。

動物病院に連れて行ってみてもらうことも有効ですので、薬が効かない場合は病院も視野に入れてください。

部屋にマダニがいる場合

部屋のマダニには市販のマダニ殺虫剤を使用するのが一般的です。

煙で殺虫するものや、最近はマンションなどでも気軽に使える煙が出ない殺虫剤もあります。

強い殺虫効果があるので、ペットやお子さんが吸わないように注意が必要です。

大人も出来るだけ殺虫剤を吸わないでください。

一つの部屋だけ駆除しても、ほかの部屋から侵入する可能性もありますので、駆除は家の中で一斉にやるのがおすすめです。

そして殺虫剤を使い終わったら、必ず部屋に掃除機をかけてください。

マダニの死骸も他のダニのえさになるので、死骸は処分しなければまたダニが増えるので注意してくださいね。

庭のマダニの駆除の仕方

部屋と違って、庭では殺虫剤を使えません。

マダニは草むらに潜んでいますので、まずは雑草を無くしてしまうのが一番です。

雑草の処理をしている間に自分の体にマダニが付着してしまう危険もあるので、肌を出さずに駆除します。

袖口も縛ったり、長靴をはくなど細心の注意を払ってください。

雑草を刈った後は、放置せずに袋に入れて密閉してください。

そして自分にマダニが付着していないか確認してから家の中に入ります。

せっかく庭のマダニを駆除しても家に持ち込んでは意味がないですからね。

ガムテープで表面の異物を取り除くなどしてください。

万が一マダニに噛まれたら

駆除している最中に、もしかしたら噛まれてしまうかもしれません。

もしマダニに噛まれたら、とにかく急いで皮膚科を受診します。

刺された部分をかきむしったりしないようにしてください。

また、マダニを無理やりとるのも危険です。

吸血したマダニの口先が皮膚に残ると、その後の対処が非常に大変になるので、無理にとるのはやめましょう。

とにかく急いで皮膚科に行ってみてもらうようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

部屋のマダニは殺虫剤で、庭のマダニは雑草を刈ることで駆除しましょう。

ペットのマダニ対策をすることもお忘れなく。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】