お風呂場や洗面所に欠かせないアイテムといえば吸盤。

タオルラックなどを鏡にくっつけている人も多いのではないでしょうか。

しかし吸盤はずっと使い続けているとすぐ落ちるようになります。

真夜中に突然ものが落ちる音がしたらドキッとしますよね。

そんな吸盤を復活させるにはどうすればいいでしょうか?

実は熱湯を使えば吸盤はすぐに復活するのです。

今回はそのやり方をお伝えします。

また熱湯で復活させた吸盤をくっつけるた際に落ちない方法もご紹介します。

復活させる方法も、落ちない方法も役に立つものなので、ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

吸盤を復活させる方法

まずは吸盤を復活させてみましょう。

吸盤を復活させるのに使うのはなんと熱湯だけ!

80℃くらいのお湯に吸盤をつけておけばOkです。

元々吸盤はおわんのような形をしており、その状態で接着させると中の空気が抜けて真空状態になるからくっつくようになっています。

長年使っていると吸盤の形がゆがんでしまいますが、熱湯につけることで元の形に戻るわけです。

元の形に戻れば、また真空状態を作れるようになるので、くっつける力が復活します。

熱湯に5分もつけておけば、すぐ元の形に戻りますよ。

しかも汚れや油分もお湯で落ちるので吸盤をきれいにすることもできます。

しかし熱湯につけた後は必ず乾かしましょう。

落ちない方法をご紹介する時にも説明しますが、水気がついているとくっつく力が弱まってしまいます。

必ず乾かしてから使うようにしましょう。

また、お湯につけた後にタオルやティッシュで拭かないこと。

こちらも落ちない方法で書きますが、吸盤はゴミや不純物が付着しているとくっつきにくくなります。

タオルやティッシュで拭くと繊維が吸盤にくっついてしまうので、水気を取る際にはドライヤーで乾かすようにしましょう。

【スポンサードリンク】

なかなかくっつかない吸盤が落ちない方法

熱湯をかけて復活した吸盤ですが、やはりまた落ちるのではないかと心配になりますよね。

続いては吸盤が落ちない方法をお伝えします。

主なやり方は4つあります。

①水気をしっかりとる。

熱湯をかけて復活させた吸盤はキチンと水気を取って使うようにしましょう。

濡れているとしっかりくっつかなくなります。

吸盤を水洗いした時もしっかり乾かすようにしておきましょう。

②汚れやゴミをきれいにする。

吸盤に汚れやゴミなどの不純物がついているときれいに真空が出来なくなります。

長年使っていると吸盤も汚れてくるので、定期的に水洗いしておきましょう。

また、吸盤をくっつける場所もきれいにしておきましょう。

くっつける場所が汚れていると吸盤に影響してしまいます。

③吸盤の周りにハンドクリームを塗る。

吸盤が落ちない方法の中でもちょっと意外なのがこのやり方。

ハンドクリームは何でもいいです。

吸盤の周りに丁寧にぬってあげればOK。

ハンドクリームが吸盤と接着面のわずかな隙間を埋めてくれるので、落ちないようにしてくれます。

歯磨き粉でも代用できるので、試してみる価値はありますよ。

④吸盤補助版を使う。

これは落ちない方法の中でも最終手段です。

吸盤をくっつきやすくする吸盤補助版というものがあり、それをくっつける場所に貼り付ける方法です。

吸盤補助版はシールのようなものですが、これの上に吸盤をくっつけるだけで吸着力がアップします。

しかしこの吸盤補助版はかなりパワーが強く、不用意に壁にくっつけると傷つけてしまう恐れがあります。

使う時は注意してくださいね。

最後に

いかがでしたか?

全体的に手間がかからない、簡単なやり方をご紹介しました。

吸盤は熱湯をかけるだけで簡単に復活。

そして熱湯で復活した吸盤を長持ちさせる落ちない方法もたくさんあります。

落ちない方法は色々ありますが、普段から吸盤周りをきれいにしておけば自然と長持ちするようになります。

ぜひ試してみてくださいね。

【スポンサードリンク】