マスクをしていても他人の“くしゃみ”が臭い…、そんなくしゃみの臭いの原因、そして改善方法とはどのようなものがあるのでしょうか?

「自分はマスクをしているからくしゃみをしても臭わないだろう」と思っていませんか?

実は結構臭っていたなんてこともあるかもしれません。

では、くしゃみの臭いの原因と改善方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

マスクをしてもくしゃみが臭い原因と改善方法は?~「臭い玉」

マスクをしていてもくしゃみが臭い原因と改善方法は、どのようなものがあるのでしょうか?

くしゃみをすると“唾液”が飛び散って、マスクをしていても臭ってしまうような“臭い”を発しています。

皆さんはそんなくしゃみをした時に、白や黄色っぽい小さい塊が出てきたことはありませんか?

実は、「膿栓」というもので、別名「臭い玉」と呼ばれる臭いの原因です。

喉の奥にある「扁桃」という器官に付着しています。

よく風邪をひくと、扁桃腺が腫れることがありますよね。

扁桃は免疫を調整する器官で、その扁桃のくぼみに食べ物のカスや口の中の細菌の死骸や白血球の残骸などが溜まると、臭いを発する「膿栓」ができます。

この膿栓は、決して悪い物質ではなく、どの人にも必ずできてしまうものだそうです。

改善方法としては、できやすい体質か個人差があるので、一度耳鼻咽喉科に見てもらうのもいいでしょう。

自分でとることもできますが、扁桃を傷つけてしまう恐れもありますので、自分でとることは控えたほうが良いでしょう。

【スポンサードリンク】

マスクをしてもくしゃみが臭い原因と改善方法は?~「蓄膿症」

マスクをしていてもくしゃみが原因と改善方法についてですが、「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」という病気である可能性があります。

鼻の中において額の真ん中や鼻の両脇などが細菌の感染やアレルギーにより炎症を起こしてしまい、膿のように溜まってしまう病気です。

鼻水がよく出ることから単なる風邪症状や花粉症などと勘違いする方も多いですが、軽く考えずにしっかり見てもらうことが大切です。

この症状では、喉の奥に鼻水や細菌が流れてしまい、くしゃみをした時にマスクをしていても臭いを発する原因となります。

くしゃみの臭いだけでなく、頭痛鼻水が黄色いといった症状もあらわれるので、そういった症状を改善するためにも耳鼻咽喉科で見てもらうことが必要です。

マスクをしてもくしゃみが臭い原因と改善方法は?~「口臭」

マスクをしていてもくしゃみが原因と改善方法についてですが、一番多い原因としては「口臭」の臭いが関係しています。

口臭の多い原因としては、口の中が乾燥している「ドライマウス」が関係しています。

口の中には細菌がたくさんいますが、唾液が少ないと口臭のもととなる「揮発性硫黄化合物」が増えてしまい口臭がひどくなります。

“唾液腺”と呼ばれる顎の内側にある舌下腺や顎下腺、耳の近くにある耳下腺を指でマッサージして唾液の分泌を促したり、口呼吸をせずに鼻呼吸を心がけることや、ガムをかむことなどで口の中を乾燥させないようにする工夫が必要です。

また、リラックスすることによりサラッとした唾液を出すことも大切なので、意識して深呼吸をするようにしましょう。

また、歯に食べ物の残りカスがついていたり、舌に舌苔と呼ばれる汚れが溜まっていると、そこから臭いが発生します。

食事をした後は、必ず歯磨きをしたり、歯ブラシや舌ブラシで舌苔を取り除くことでマスクをしていてもくしゃみが臭い原因を改善できるのです。

マスクをしていてもくしゃみが臭い原因を改善して清潔に。

マスクをしていてもくしゃみが臭い原因を知り、それを改善することで口や鼻を“清潔”に保つことが大切です。

普段の生活で意識してくしゃみの臭いを改善できるものもありますが、中には思わぬ病気が原因という可能性もあります。

口臭対策をしてもなかなか改善しない方や少しでも症状が気になるという方はマスクをして臭いをごまかしたり放置したりせずに、一度受診してみると良いでしょう。

【スポンサードリンク】