空腹時の“イライラ”は何が原因かご存知でしょうか?

空腹の時ってなぜかイライラすることがありますよね。

特にダイエットをしている時は、イライラが続くとついつい間食が増えたり、結局普段より多く食べてしまってダイエットが長続きしなかった…なんて経験はありませんか?

そんなダイエット中のイライラの原因を解消するには、どうしたらいいのでしょうか?

【スポンサードリンク】

空腹時にイライラする原因を知ろう!

では、空腹時にイライラする原因は何なのでしょうか?

私たちの脳は、「ブドウ糖」をエネルギーにしているので、ブドウ糖の量で脳の状態が変わります。

食事をとると、食べたものが消化吸収されて血液の中にブドウ糖が増えます。(血糖値の上昇)

そして、このブドウ糖が一定の量を超えると、脳にある「満腹中枢」というところに刺激が伝わり、「お腹いっぱいだから、あと食べなくていいよ~」と命令を出します。

反対に、ブドウ糖が一定の量よりも足りなくなると脳の「摂食中枢」に伝わって、「お腹すいた~。糖分を補給してください。」と命令を出すのです。

この時、不安や不快などの感情に関わる「扁桃核」にも刺激が伝わってしまい、“イライラ”が発生してしまいます。

つまり、空腹になると必ずイライラを感じるので、ダイエット中に極端な食事制限をすると低血糖状態となり、普段よりも多くのイライラを感じる原因となるのです!

また、血糖値が急激に上昇するとイライラ感がより強く感じるので、できるだけ血糖値の急激な上昇を避けるようにしなければなりません。

【スポンサードリンク】

空腹時のイライラの原因を解消!普段の食事を見直しましょう。

空腹時のイライラの原因を解消するには、普段の食事を見直して、急激な血糖値の上昇を抑えることが大切です。

お米やパン、麺などの「炭水化物」は、多くの糖質を含んでいます。

なので、これらを先に食べたり、たくさん食べてしまうと、糖分をたくさん吸収してしまい急激な血糖値の上昇の原因になるのです。

そこでポイントなのが「食物繊維」

食物繊維は、低カロリーなうえ、糖質の吸収スピードを遅くしてくれるので、お米やパンなどを食べる前に、食物繊維を多く含む野菜から先に食べるようにしましょう。

このことで、緩やかに糖質が吸収されて脳のイライラが少なくなります。

また「酢」も同様に吸収スピードを遅くし、血糖値の上昇を抑えるので、酢の物なども食べることをおすすめします。

そして、食事はよく噛んでゆっくり食べることで、急激な血糖値の上昇をさけ“空腹感”を“満腹感”に変えてくれます。

イライラの原因を解消!空腹を感じたら?

では、空腹でイライラを感じるときはどうしたいいのでしょうか?

そんな時は、ストレスを溜めないためにも糖質をとってしまいましょう。

そこでオススメなのが、「ナッツ類」。糖質も少なくビタミンが豊富で美容効果も高いので、空腹時に最適です。

次に「サツマイモ」。焼き芋や干しイモを食べると、食物繊維も豊富ながら甘さも感じることができ、腹持ちもいいのでオススメです。

また、「ドライフルーツ」も栄養成分が豊富に含まれているので、少量であれば問題ありません。

また、「シュガーレスガム」をかむことによって、満腹感を感じることができますし、「キャラメル」もカルシウム成分も入っているのでオススメです。

空腹時のイライラの原因をうまく解消して、ダイエットを成功させましょう!

ダイエットには空腹がつきものですが、ちょっとした工夫でイライラの原因を解消することができます。

“食欲のコントロール”をしてイライラの原因を解消することで、ダイエットを成功に結び付けることができます。

人は空腹になると必ずイライラは感じてしまいますから、このイライラをネガティブに考えずにうまく付き合っていくことが大切です。

無理のないダイエット法で、今度こそダイエットを成功させましょう!

【スポンサードリンク】